それいけ!バタコさん





ルビーの願い :: 2016/11/19(Sat)

『ルビーの願い』


♦2003年7月12日放送 <劇場版第15作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚 本  :金春智子
絵コンテ
演 出  :島崎奈々子

監督:矢野博之
原 画 


あらすじ

オーロラの国には、それぞれ色の違う絵筆にまたがって、空いっぱいにオーロラを描く5人のオーロラ娘とオーロラ姫が暮らしていた。ところが、オーロラ娘の一人ルビーはとてもおてんばで、ついにオーロラ姫を怒らせてしまい、赤い小鳥の姿に変えられてしまう。ルビーが再びオーロラの国に帰るためには、ブラックロック島にある3つの願いが叶う石“オーロラの雫”を手に入れるしかなかった。早速石を探しに向かったルビー鳥は、途中でアンパンマンたちと出会う。話を聞いたアンパンマンたちはルビー鳥を心配して一緒について行くことにするのだが…。

備考

オーロラの雫の3つ目の願いで、アンパンマンを助けるために鳥になったルビー。
えーっ!?てみんな驚いていたけど、そりゃ驚くよ!もっと別の方法あるでしょ!
ちょっとワガママな(問題のある)(女の)子が出てきて、アンパンマンたち(主にクリームパンダ)と接していく中で成長していくストーリーは、この映画あたりからわりと定番になり始める。色々と違いはあるけど、ルビーの願い~シャボン玉のプルンあたりまでは、なんとなく同系統の映画という感じ。









にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:1

ロールとローラ うきぐも城のひみつ :: 2016/08/21(Sun)

『ロールとローラ うきぐも城のひみつ』

ロールとローラ



♦2002年7月13日放映 <劇場版第14作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

監 督  :大賀俊二
脚 本  :米村正二

絵コンテ
演 出 

作画監督
原 画 


登場キャラアンパンマンばいきんまんドキンちゃん
        ジャムおじさんバタコチーズホラーマン
        カレーパンマンしょくぱんまんメロンパンナ
        ロールパンナ、ローラ、ほか

出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)   
        柳沢三千代 (カレーパンマン)、島本須美 (しょくぱんまん)
        肝付兼太 (ホラーマン)、    かないみか (メロンパンナ)
        冨永みーな (ロールパンナ)、黒木瞳(ローラ)
        寺田はるひ(からす)、  原えりこ (ピョンきち)
         中村ひろみ (ウサこ)   坂本千夏 (ちびぞう)
         滝沢ロコ (ミミ先生)

あらすじ

うきぐも城に迷い込んだロールパンナはローラ姫と出会う。ローラ姫は汚れた空気を雨で綺麗にしながら暮らしているが、綺麗にするための機械が壊れてしまったため、姫は機械の修理をしていた。たくさんのまごころ草に囲まれ、優しい心で満たされていたロールパンナは、ローラととても仲良くなり、機械の修理を手伝うこととなった。
ところが、ばいきんまんがバイキン草を使って、ロールパンナに悪い心を呼び戻してしまう。さらに、うきぐも城からバイキンの雨を降らし、世界を汚染していく。
この危機を救うには、ロールパンナがメロンパンナにプレゼントしたハートの歯車を使うしかないのだが、歯車はバイキンの海に沈んでしまっていた。ローラとアンパンマンが協力し、また、ロールパンナも優しい心を取り戻し、なんとか歯車を見つけることはできたが、引き換えにロールパンナはバイキンの海に沈んでしまった。
ロールパンナは二度と戻ってこないかと思われたが、ローラが歯車の歌を歌うと、雲の中からロールパンナが復活した。
めでたしめでたし。


備考

なんだ、この映画は。
これは百合とか言われても仕方ないよ。狙ってるよね?

ロール「好きなんだ…」
ローラ「えっ…?」
ロール「…花が。」
ローラ「…お前、綺麗な目をしているな…。」
ロール「え?」
ローラ「な、なんでもねえよ!」

このやりとりのときのローラ姫の表情ときたら。
でもまあ確かにロールパンナが恋をするなら男性よりも女性の方がしっくりくるような気はする。かも。

全体的なストーリーはというと、ロールパンナがブラック化して元に戻るお話。
ゆうれい船でも一度やってるので、あんまり新鮮味は無いかな。
前半部分を好むかどうかで評価が分かれそうだ。
個人的にはイマイチな作品。
ローラ姫の髪の毛を洗ってあげたり、一緒にドレスを着たりして楽しんでいるフェミニンなロールパンナを見たいならオススメ。

ちなみに今回はカレーパンマンとしょくぱんまんもあっさりブラック化。もはやこの二人はネタだな。









にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ゴミラの星 :: 2016/03/05(Sat)

『ゴミラの星』


♦2001年7月14日放送 <劇場版第13作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

監 督  :大賀俊ニ
脚 本  :米村正二

絵コンテ
演 出  :奥脇雅晴

作画監督:前田実
原 画 


登場キャラアンパンマンばいきんまん、ゴミラ、ヤーダ姫
        ドキンちゃんホラーマンカレーパンマンしょくぱんまん
        メロンパンナクリームパンダジャムおじさんバタコチーズ
        てんどんまん、カツドンマンかまめしどん、クータン
        ミミ先生、カバお、ウサこ、ピョンきち、ちびぞう
        カユカユぼうや、フジイロコウモリ、バビブベバット、かびるんるん、他


出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
        柳沢三千代 (カレーパンマン)、島本須美 (しょくぱんまん)
        肝付兼太 (ホラーマン)、    かないみか (メロンパンナ)
        原えりこ (ピョンきち)、      中村ひろみ (ウサこ)
        長沢美樹 (クリームパンダ)      滝沢ロコ (ミミ先生)
        坂本千夏 (てんどんまん)、 三ツ矢雄二 (カツドンマン)

        
        高乃麗 (ゴミラ)、      酒井法子 (ヤーダ姫) 
        山本圭子 (クータン)、   藤井恒久 (フジイロコウモリ)
        日テレジェニック2001 (美少女バットガールズ・バビブベバット)


あらすじ

ヤーダ星がゴミだらけになってしまったため、ヤーダ姫はアンパンマンに救いを求めにやってきた。
アンパンマンたちの提案でゴミラをヤーダ星に連れていくことにする。
しかしヤーダ星では、ばいきんまんが星にジェット噴射を仕掛け、ヤーダ星を地球に衝突させようと企んでいた。
アンパンマンたちはこれを止めようとするが、バイキンメカのダストデーモンが手ごわい。
ゴミラのおかげでなんとかダストデーモンを倒すも、ヤーダ星の衝突は避けられそうにない。
そこでゴミラのとった行動は…。


備考

開始早々、ムヒの宣伝が始まる。
ムヒヒヒ。


個人的にはイマイチな作品で、何より別人ヤーダ姫が出てくることが納得いかない。
ヤーダ姫は「ばいきんまんの逆襲」のヤーダ姫とは別人。
なんで同じ名前にするのかな。口癖も同じだし。

ストーリーの背景には一応環境問題が見え隠れするようだが、最終的にはばいきんまんの「いたずら」の方が大問題となり、それどころではなくなってしまった。
ゴミ問題の解決策としてゴミラを派遣するというのもずいぶん短絡的だ。
結局その後短編アニメの方では、ゴミラは地球に帰ってきている。
映画と本放送を別物として扱うのはやめてほしいな。
ゴミの処理については、「ゴミラとバイキンゴミラ」の方が考えさせられる。

ゴミラをメインにするのであれば、やはり普段の街を舞台にして、ゴミラが暴れまわる展開の方が、設定が生きる気がする。
その上で、30分枠ではできないような、映画ならではの展開が見てみたかったかな。









にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

ばいきんまんとすてきなクリスマスケーキ :: 2015/12/20(Sun)

『ばいきんまんとすてきなクリスマスケーキ』


♦2015年12月18日放送 <クリスマスSP>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚 本  :青木由香
絵コンテ
演 出 

作画監督
原 画 


登場キャラ
アンパンマンばいきんまんドキンちゃん
ジャムおじさんバタコチーズ
ホラーマンコキンちゃん
カレーパンマンしょくぱんまん
メロンパンナクリームパンダ
かびるんるん、サンタクロース、ルドルフ
ケーキくん、チョコレートマン、ミミ先生
かばお、ウサこ、レアチーズ他

出演声優
戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
柳沢三千代 (カレーパンマン)、島本須美 (しょくぱんまん)
肝付兼太 (ホラーマン)、    かないみか (メロンパンナ)
冨永みーな (レアチーズ)、 長沢美樹 (クリームパンダ)
原えりこ (ピョンきち)、      中村ひろみ (ウサこ)
滝沢ロコ (ミミ先生)、森功至(サンタクロース)

使用曲
ケーキを作る歌、サンタが街にやってくる



あらすじ

クリスマスをメチャメチャにしようと考えていたばいきんまんは新兵器を発明中。一方ドキンちゃんは、クリスマスケーキを作成中。
ところが、ばいきんまんはキッチンに入った際にケーキを、ドキンちゃんは発明部屋に入った際にメカを、誤って壊してしまう。
自分の渾身の作品を壊され怒った二人は喧嘩になってしまった。
そんな中、町ではケーキくんのケーキ教室が開催されており、メロンパンナちゃんや子どもたちはケーキを作って楽しんでいた。
コキンちゃんに誘われ、ケーキ作りに参加することにしたドキンちゃんとホラーマン。しょくぱんまんと一緒に食べるケーキを作ろうと考えていたドキンちゃんだが、コキンちゃんの提案で、ばいきんまんやホラーマンと皆で一緒に食べるケーキを作ることにした。
クリスマスをぶち壊しにしたいばいきんまんは、クリスマスの谷に向かい、プレゼントを奪おうとするが、アンパンマンが止めに入り、戦いが始まる。ところがばいきんまんのメカが暴走し、クリスマスツリーミサイルがあちこちへと暴発してしまう。
そして何と、クリスマスケーキを作り終え、クリスマスの谷へやってきたドキンちゃんたちのもとへミサイルが…。
間一髪のところでばいきんまんはドキンちゃんたちを助けることができたが、ばいきんまんは崩れてきた岩の下敷きになってしまった。
一瞬辺りは静まり返る。ばいきんまんはなかなか出てこない。
ドキンちゃんたちは涙を流すが、ばいきんまんはなんとか岩から出てくることができた。
ほっとする一同。
ドキンちゃんに帰ろうと言われバイキン城へ戻ることにしたばいきんまん。
ドキンちゃんたちが作ったケーキを食べることにしたが、さっきの衝撃でケーキは潰れてしまっていた。
それでも、ばいきんまんはケーキを美味しいと言い、みんなも楽しくケーキを食べることができた。
ケーキの上のチョコレートには、ばいきんまん、ドキンちゃん、コキンちゃん、ホラーマンが仲良く描かれていた。


備考

久々の更新。

タイトル通り、ばいきんサイドがメインのお話。ほんわかする良いお話でした。
ばいきんまんは岩の下敷きになったけど、わりとすぐに復活してくれたのであまり重苦しい雰囲気にもならず、ちょうどよい緊張感だった。
序盤で喧嘩してしまったばいきんまんとドキンちゃんだが、間を取り持つ存在として、コキンちゃんが良いアクセントになっていた。ホラーマン(とかびるんるん)も含めて、ばいきんファミリーという感じがして微笑ましいね。
その他、ミミ先生に怒られて一瞬ひるむばいきんまん、ドキンちゃん(変装中)がついてくると聞いたときの(やや迷惑そうな)しょくぱんまんの表情、ドキンちゃんについて行こうとしたがケーキ作り会場に居残りさせられた際のホラーマンの表情、しょくぱんまん号がカーブに差し掛かった際に体制を崩して窓ガラスに顔をぶつけるドキンちゃん、など、シュールな笑いや細かい動きが散りばめられていて、なかなか面白かった。こういうの最近では珍しい気がするなぁ。








にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. TVスペシャル
  2. | trackback:0
  3. | comment:1

人魚姫のなみだ :: 2015/06/14(Sun)

『人魚姫のなみだ』

人魚


♦2000年7月29日放映 劇場版第12作

脚本:金春智子
監督:矢野博之
助監督:日巻裕二  

オススメ度 ★★★★★★★★★★

登場キャラ…アンパンマン、ばいきんまん、サニー姫、しょくぱんまん、海魔女
         ドキンちゃん、ホラーマン、カレーパンマン、メロンパンナ、
         ジャムおじさん、バタコ、チーズ、ヌラ、うずまきまん、ゴロンゴラ
         シャボンダマン、おじゃマンボウ、こじゃマンボウ、ジェニックフィッシャーズ
         ミミ先生、カバお、ウサ子、ピョン吉、ちびぞう、かびるんるん、SLマン他

出演声優…南果歩 (サニー姫)、玄田哲章 (ヌラ)
        山本圭子 (海魔女)、中山秀征 (おじゃマンボウ)
        藤井恒久 (こじゃマンボウ)
        眞鍋かをり・上原まゆみ・谷理沙・福井裕佳梨
        (ジェニック フィッシャーズ)


作中使用曲…夕日にむかって



続きを読む
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ