それいけ!バタコさん





人魚姫のなみだ :: 2015/06/14(Sun)

『人魚姫のなみだ』

人魚


♦2000年7月29日放映 劇場版第12作

脚本:金春智子
監督:矢野博之
助監督:日巻裕二  

オススメ度 ★★★★★★★★★★

登場キャラ…アンパンマン、ばいきんまん、サニー姫、しょくぱんまん、海魔女
         ドキンちゃん、ホラーマン、カレーパンマン、メロンパンナ、
         ジャムおじさん、バタコ、チーズ、ヌラ、うずまきまん、ゴロンゴラ
         シャボンダマン、おじゃマンボウ、こじゃマンボウ、ジェニックフィッシャーズ
         ミミ先生、カバお、ウサ子、ピョン吉、ちびぞう、かびるんるん、SLマン他

出演声優…南果歩 (サニー姫)、玄田哲章 (ヌラ)
        山本圭子 (海魔女)、中山秀征 (おじゃマンボウ)
        藤井恒久 (こじゃマンボウ)
        眞鍋かをり・上原まゆみ・谷理沙・福井裕佳梨
        (ジェニック フィッシャーズ)


作中使用曲…夕日にむかって



続きを読む
スポンサーサイト
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

アンパンマンとバイキンUFOロボ :: 2015/02/27(Fri)

『アンパンマンとバイキンUFOロボ』


♦2015年2月27日放送 <1254話Bパート>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚 本  :藤田伸三
絵コンテ
演 出  :日巻裕二

作画監督:笠原 彰
原 画  :野田直道、阿部純子、増谷三郎、大宅幸男
      若菜宜典、やましたさとる、ういん堂    (AB両パート)


登場キャラアンパンマンばいきんまんジャムおじさん
        バタコチーズかびるんるん
        かばお、ウサこ、ピョンきち、ちびぞう

バイキンメカ…バイキンUFOロボ、ゴロンゴロ、シーボーズ2号
          もぐりん、バイコング、バイキンロボット

出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、      坂本千夏 (ちびぞう)
        原えりこ (ピョンきち)、      中村ひろみ (ウサこ)
        

あらすじ

いつものようにアンパンマンにやられてしまったばいきんまん。
アンパンマンを倒すにはどうすればいいのか。
アンパンチを跳ね返すには…。ゴロンゴロで…、いやシーボーズで…。
うーん、どれもダメだ。特訓あるのみ!
というわけで、アンパンマンを倒すため、バイキンUFOロボでかびるんるんたちと特訓を始めるばいきんまん。
鉄球をアンパンチに見たて、攻略法を考えることにした。
そしてついに…!
特訓の成果といわんばかりにアンパンマンに再戦を挑むばいきんまん。
目にもとまらぬパンチを繰り出し、ばいきんまんはアンパンマンを圧倒する。
アンパンマンはアンパンチで応戦するが、特訓したばいきんまんは、バイキンUFOロボのキックでアンパンマンを返り討ちにしてしまった。
強くなったばいきんまん相手に絶体絶命のアンパンマンだが、かばおくんたちの応援を受け、底力を振り絞る。
顔が潰れた状態でなお力が増すアンパンマンに驚くばいきんまん。
そこへアンパンマンの新しい顔が到着し、アンパンマンは元気100倍。
さあ再戦だ。
バイキンUFOロボはキックを繰り出すが、応援の力を得たアンパンマンは、アンパンチでばいきんまんをやっつけた。


備考

登場キャラが絞られ、ばいきんまんにスポットが当てられていたのが良かった。
ばいきんまんが特訓する系の話は久々な気がする。
しかし結局最後はあっけなかった。
Q「どうして俺様が負けたんだー!」byばいきんまん
A「かばおくんたちの声援がアンパンマンの力になったのね。」byバタコさん
ばいきんまんとアンパンマンの差は応援があるか無いかが大きいようだ。
今回ドキンちゃんが登場しなかったのはその違いを明確にするためだろう。

バイキンUFOロボはバイキンマッチョロボと同系のロボ。
バイキン城にはゴロンゴロ、シーボーズ2号、もぐりん、バイコング、バイキンロボット(だだんだん2号?)が保管されている様子だったが、やはりこのあたりがばいきんまんのお気に入りメカのようだ。




にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 1201話~1300話
  2. | trackback:0
  3. | comment:1

バタコさんのひなまつり :: 2015/02/27(Fri)

『バタコさんのひなまつり』


♦2015年2月27日放送 <1254話Aパート>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚 本  :青木由香
絵コンテ:篠原俊哉
演 出  :日巻裕二

作画監督:野田直道
原 画  :野田直道、阿部純子、増谷三郎、大宅幸男
      若菜宜典、やましたさとる、ういん堂    (AB両パート)
     

登場キャラアンパンマンばいきんまんバタコさん
         ジャムおじさん、、チーズドキンちゃん
         メロンパンナ、おひなちゃん、おだいりくん
         左大臣、右大臣、ウサこ、ネコミ、キイ子、ほか

出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
        原えりこ (おひなちゃん)、      中村ひろみ (ウサこ)
        かないみか (メロンパンナ)、  斎藤次郎(右大臣)
        北川里奈(ネコ美)、       荒内侑希(キイ子)

        
あらすじ

今日はひなまつり。
メロンパンナちゃんやウサ子ちゃんたちは早速ひなの里へ向かいますが、バタコさんは仕事が終わった後に向かうことにします。
一方ばいきんまんは、ひなまつりなんて面白くありません。
バタコさんが一人でパン工場にいることをいいことに、工場をメチャメチャにしてしまおうと考えます。
早速バタコさんに襲い掛かるばいきんまんですが、お腹が空いたばいきんまんは力が出なくなってしまいます。
それを見て、バタコさんはばいきんまんにひなまつりのパンをあげることにします。
美味しいパンを食べて満足したばいきんまんは一旦退却しますが、工場をメチャメチャにするという本来の目的を思い出し、再度襲いかかろうとします。
ところがバタコさんは、さっき渡し忘れた、ドキンちゃんへのお土産用のパンをばいきんまんに差し出します。
バタコさんの優しさを前に調子が狂ったばいきんまんは、結局大人しく退却してしまいました。
ドキンちゃんに桃の花を持ってくるよう頼まれていたことを思い出したばいきんまんは、桃の花を探しに行きますが、どうやら優しくしてくれたバタコさんのことも考えているようです。
ばいきんまんは可愛らしい桃の花を、パン工場の前にそっと置いて、バイキン城へ帰って行きました。
そしてバタコさんのお土産を食べながら、ドキンちゃんと楽しいひなまつりを過ごしたのでした。


備考

平和なお話。
大人しく退却するだけでなく、花をプレゼントするとは珍しい。
なかなか粋なことするじゃない。

その他
・パン工場を襲おうとする時にわりと初期のBGM(バイキンメカによる襲撃時に多用されていた)が使われていた。
・吊り橋が壊れていて途方に暮れていたジャムおじさんたち。壊れていなくてもアンパンマン号で渡れるような橋ではなかった気がするが。




にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 1201話~1300話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

アンパンマンのひみつ :: 2015/02/21(Sat)

『アンパンマンのひみつ』


♦1998年11月27日放送 <500話>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚 本  :藤田伸三
絵コンテ:永丘昭典
演 出  :大原実


登場キャラアンパンマンばいきんまんクリームパンダメロンパンナ
         ドキンちゃんジャムおじさんバタコチーズかびるんるん
        カバお、ウサこ、SLマン、ピーター、やぎじいさん、ソバオくん
        ソフトクリームマン、さくらもちねえさん、おべんとうまん
        アイスキャンディーマン、クリスケさん、、フラッペちゃん
        かみなりピカタン、ネコミ、ブタお、クマた、モンきち、キーコ、他


出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)       
        
        長沢美樹 (クリームパンダ)、 北村弘一 (やぎおじさん)
        坂本千夏 (ちびぞう)、 中村ひろみ (ウサこ)
        

あらすじ

一日中パトロールをしているアンパンマンに憧れるクリームパンダ。
自分は上手く飛べないからアンパンマンのようにはなれないと考えていたが、アンパンマンも昔は上手く飛べなかったことを知る。
ちょうど勇気の花のストックがなくなったっため、アンパンマンとクリームパンダは一緒に勇気の花を摘みに行くことにする。
しかし、そこにはすでにばいきんまんが待っていて、勇気の花をすべてダメにしてしまった。
唯一残っていた勇気の花もしおれてしまっていたが、クリームパンダはその花を持ち帰った。

その後、調子に乗ったばいきんまんは町で大暴れ。
アンパンマンも町へ向かうが、顔を汚されてしまう。
新しい顔を焼こうにも勇気の花が無い。

汚れた顔の状態でも皆を守るために頑張るアンパンマン。
町の皆もアンパンマンを応援した。
するとクリームパンダのもっていた勇気の花が光り出した。
皆の思いが通じたのだ。
この花を使ってジャムおじさんたちは新しい顔を焼き、アンパンマンは元気100倍。
ばいきんまんをやっつけた。




備考

ジャムおじさんが昔を回想するシーンがなんだか泣ける。
ジャムおじさんの声が凄く優しい。

「みんなを守るんだ!そのために僕は生まれてきたんだ!」

この台詞が力強くてすごく良い。
こんな臭い台詞を言っても許されるのはアンパンマンならでは。

BGMで「美しいキラキラ星の涙」が使用されていた。



で、結局アンパンマンのひみつは
「アンパンマンは皆の力で支えられている。」ということだった。
うーん…。みんな周りで応援してただけだけどね。






にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 401話~500話
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

勇気の花がひらくとき :: 2014/12/27(Sat)

『勇気の花がひらくとき』

勇気の花がひらくとき

♦1999年7月24日放送 <劇場版第11作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚 本  :米村正二
監 督  : 篠原俊哉


登場キャラアンパンマンばいきんまんドキンちゃん
         ジャムおじさんバタコチーズホラーマン
         カレーパンマンしょくぱんまんメロンパンナ
         ロールパンナ、キララ姫、こてっちゃん、こてつじいさん
         ジェニックシスターズ、かばお、うさこ、ピョンきち、ちびぞう他


出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
        肝付兼太 (ホラーマン)、    かないみか (メロンパンナ)
        柳沢三千代(カレーパンマン)、島本須美(しょくぱんまん)
        冨永みーな (ロールパンナ)、 坂本千夏 (ちびぞう)、
        原えりこ (ピョンきち)、      中村ひろみ (ウサこ)
        北村弘一(こてつじいさん)

        雛形あきこ(キララ姫)、藤井恒久(こてっちゃん)
        大村彩子、伊東絵理香、中島礼香、酒井若菜(ジェニックシスターズ)
        フレーベル少年合唱団(キラキラ星の合唱隊)


あらすじ

キラキラ星のお姫様キララ姫は、毎日の窮屈な生活にうんざりしていた。
本当の勇気に気付いた時、キララ姫はスタースティックを扱えるようになる。
しかしながら、日々のお稽古を通して、キララ姫が成長する気配はない。

そんななか偶然キラキラ星へやってきたドキンちゃんと入れ替わり、外の世界へ行くことにしたキララ姫。
宇宙をパトロールしていたアンパンマンと出会った姫は、アンパンマンの優しさに心惹かれ、徐々にアンパンマンのことが好きになっていく。
「アンパンマン、私のこと…好き?」
「好きだよ」
どうやらアンパンマンもキララ姫のことが好きなようだ。

しかし、アンパンマンはキララ姫のことだけが好きなのではなく、みんなのことが好きなのだ。
それを聞き、ショックを受けるキララ姫。
アンパンマンに裏切られたと感じた姫は、悲しさからか怒りからか、パン工場にある勇気の花のエキスの入った瓶を割ってしまう。

一方、鉄の星の住人を騙して最強の兵器を完成させたばいきんまん。
ばいきんまんの攻撃でやられてしまったアンパンマンは新しい顔を焼いてもらうが、勇気の花がないため、いつものような力は出せなかった。
ばいきんまんに全く歯が立たないアンパンマン。
そんなアンパンマンを放っておけなかったキララ姫は、ばいきんまんの前に立ちはだかり、アンパンマンを守ろうとする。そして勇気の花の瓶を割ったことを告白する。

しかし、ばいきんまんは非情にも、キララ姫を燃えたぎる火の海の中へ投げ込んでしまう。
キララ姫を助けるため、炎の中へ入っていくアンパンマン。
しかし燃え盛る炎の中、アンパンマンはがれきの中に埋もれてしまう。
もう終わりか。

そう思われたとき、キララ姫のスタースティックが舞い降り、辺り一面に勇気の花が咲き乱れた。
勇気の花の中から復活したアンパンマンはアンパンチでばいきんまんをやっつけた。



備考

アンパンマンの恋(?)、死(?)、極悪非道なばいきんまんが描かれるなど、普段とはだいぶ雰囲気の異なる作品。

タイトルは「勇気の花がひらくとき」ということで、一応今回のテーマは勇気なのでしょうが、結局本当の勇気とはなんだったのでしょうか。
アンパンマンの勇気については分かりやすいです。愛する人を守るため、自分の危険を顧みずに火の中に飛び込んでいく姿はまさに勇気に溢れています。

一方でキララ姫の勇気は…?
作中で最も彼女が勇気を見せたのは、おそらく勇気の花をダメにしたことを告白した際。
しかし、スタースティックが舞い降りてきたのはそれより後のこと。
燃え盛る火の中で自分の身の安全よりもアンパンマンが助かることを願ったことが勇気の証ということなんでしょうか。

そのほか、この作品で印象的なのはばいきんまんの極悪非道っぷりです。
普通に戦っても勝てそうな元気3倍アンパンマンに対し、人質を救いたければ火の中に飛び込めというのはあまりに酷。しかも結局人質を投げ込んでしまうわけですから。

この作品はおそらく戦争をイメージして作られています。
鉄の星の救世主として現れ、人々を扇動し、反対するものは消してしまうというやり方。
なんとなくナチスのヒトラーを思い起こしてしまいます。
上空からの攻撃や燃え盛るの街の様子は空襲のイメージでしょうか。
ばいきんまん恐ろしや。
ばいきんまん好きの私ですが、今回はアンパンマンを応援してしまいました。







にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
次のページ