それいけ!バタコさん





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

しょくぱん王子とてんどん姫 :: 2012/12/10(Mon)

『しょくぱん王子とてんどん姫』

しょくぱん王子とてんどん姫


♦2000年2月25日放送 <556話>

オススメ度 ★★★★★★★★★

脚 本  :米村正二
演 出  :小林智樹


登場キャラアンパンマンばいきんまんしょくぱんまんてんどんまん
         ドキンちゃん、ミミ先生、カレーパンマンメロンパンナ
         ジャムおじさんバタコチーズカツドンマンかまめしどん
         ピョンきち、カバお、ちびぞう、ウサこ、ネコみ、ウサお
         クマた、ブタお、コン太、モンきち、かびるんるん、他


出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
        原えりこ (ピョンきち)     

        坂本千夏 (てんどんまん)、     島本須美 (しょくぱんまん)
        柳沢三千代 (カレーパンマン)、   滝沢ロコ (ミミ先生)
        三ツ矢雄二 (カツドンマン)、    かないみか (メロンパンナ)
        

あらすじ

昔々ある所に、自分たちが世界一と思っているパンの国とどんぶりの国がありました。
ふたつの国はとっても仲が悪かったんですが、ある日、パンの国の王子様とどんぶりの国のお姫様が恋に落ちてしまったのです。
そんなことは絶対許さない、と怒ったパンの王様とどんぶりの王様は、国を挙げての大喧嘩を始めてしまいます。
「エイ!やー!ター!」
でもなかなか決着はつかず、皆疲れ果てて、お腹が減って、動けなくなったときです。
王子とお姫様が、どんぶりの国の皆にパンを、パンの国の皆にどんぶりを。
「あー!パンというものはなんて美味しいんだ!」
「いや、このどんぶりの美味しさときたら!」
お互いパンとどんぶりのおいしさを知って、ふたつの国は仲直り。
はれて、パンの王子様とどんぶりのお姫様は結婚し、幸せに暮らしました。
めでたしめでたし。

というお芝居をすることになり、パンの王子はしょくぱんまんが、どんぶりのお姫様はてんどんまんが演じることに。
ドキンちゃんやばいきんまんも乱入し、お芝居の練習は着々と進んでいった。
そしていよいよ本番。
いくつかハプニングはあったものの、お芝居は予定通り進められていった。
ところがクライマックスで、ばいきんまんが巨大なメカ「ラーメン大王」を使って暴れ始める。
アンパンマンの顔も濡らされてしまい、大ピンチ。
しかし、しょくぱんまんの活躍やドキンちゃんの助けもあり、見事ラーメン大王を倒したアンパンマンたち。
こうして無事に舞台は幕を閉じ、素敵なお芝居をすることができたのだった。


備考

お芝居の脚本はミミ先生が考案。
ほとんどロミオとジュリエットのオマージュだが、なかなかよくできている。
これをこのまま映画にすることもできるかも。

「Shall we ダンス ?」
「Yes ざんす」
この掛け合いが上手い!


配役もミミ先生が決定。
カレーパンマンの意向を完全に無視してしょくぱんまんを王子役に、子どもたちの一番いい役はピョンきちくんに。アンパンマンにはちょい役を。
なかなか本気の人選だ。

ばいきんまんも、ラーメン大王として乱入するあたり、しっかりお芝居を意識している。
突然のハプニングにも関わらず、最後はミミ先生が上手くまとめ、お芝居は大成功をおさめた。


朝もやの中、ドキンちゃんのシルエットを見つけたしょくぱんまん。
この時点でどんぶりちゃんの正体に気付いていたような気付いていないような。
視聴者のご想像にお任せというところか。なかなか粋な演出だ。










にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 501話~600話
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

しらたまさんとメロンパンナ :: 2011/06/10(Fri)

『しらたまさんとメロンパンナ』


♦2011年6月10日放送 <1084話Aパート>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚本:菅良幸
絵コンテ:日巻裕二
演出:日巻裕二

登場キャラ…アンパンマン、ばいきんまん、メロンパンナ、しらたまさん、ロールパンナ
         ジャムおじさん、バタコ、チーズ、その他

出演声優…伊倉一恵 (しらたまさん)、かないみか (メロンパンナ)
        冨永みーな (ロールパンナ)

あらすじ

ロールパンナに会えず寂しそうにしていたメロンパンナを見たしらたまさんは、メロンパンナちゃんには笑顔が似合うといって一緒にダンスを始める。
楽しく踊るメロンパンナの笑顔を見て、しらたまさんは今夜のお芝居のヒロインにとメロンパンナを誘った。
そこへ、楽しそうな2人を見てイラついたばいきんまんが突然襲い掛かってくるが、ロールパンナが助けにやってきて、ばいきんまんをやっつけた。
メロンパンナは今夜のお芝居に出る旨をロールパンナに伝え、見に来てくれるよう約束した。
メロンパンナはロールパンナのため、しらたまさんの指導のもと一生懸命芝居の練習をした。

ところが芝居を見に行こうとしていたロールパンナは、落石から小鳥を守るため、岩の下敷きになってしまう。ロールパンナが劇場に着いていないまま、お芝居は始まってしまった。
劇の悪役はジャムおじさんの作った“悪魔大王”。中でチーズが操縦していた。
しかし、悪魔大王はしらたまさんの攻撃によってショートし暴走。劇場をメチャメチャに壊してしまった。

「もうダメだ、こんな時にばいきんまんがいてくれたら…。」と落胆するしらたまさん。
「お姉ちゃん、来てくれるって約束したのに…。」と落胆するメロンパンナちゃん。

そこへ救世主ばいきんまん登場。
楽しそうにしている様子に腹が立って襲いかかってきたのだ。
落ち込んでいたしらたまさんは一気にテンションアップ。
ばいきんまんと戦いを始めるしらたまさん。
アンパンマンも戦いに参加するが、メロンパンナを人質にとられてしまい手が出せない。

そこへ、ロールパンナ登場。
岩の下敷きからなんとか抜け出してきたのだ。
ロールパンナはメロンパンナを助け出し、メロンパンナはしらたまさんと一緒にばいきんまんと戦った。
メロンパンナの活躍により、ばいきんまんをやっつけた一同。

こうしてお芝居は盛り上がり、大成功となったのだった。



備考

今回は本当にばいきんまんがお芝居に貢献していた。
ばいきんまんが来る前にお芝居の収拾がつかなくなるのは珍しい。
ジャムおじさんの“悪魔大王”が欠陥品だったと言わざるを得ない。
「風よ、雲よ、太陽よ。知っているなら教えて欲しい。ばいきんまんは今どこに!?」
「ハッヒフッヘホ~!」
見事に空気を読んだばいきんまんであった。

悪魔大王を操縦するチーズを応援するジャムおじさんが可愛かった。






にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 1001話~1100話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

アンパンマンのクリスマスショー :: 2011/05/17(Tue)

『アンパンマンのクリスマスショー』

アンパンマンのクリスマスショー


♦2000年12月22日放送 

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚 本  :米村正二
絵コンテ:矢野博之
演 出  :日巻裕二

登場キャラ…アンパンマン、ばいきんまん、ドキンちゃん、クリームパンダ、ロールパンナ
         カレーパンマン、しょくぱんまん、メロンパンナ、だいこん役者、黒雪姫、子鬼
         サンタクロース、ルドルフ、どんぶりまんトリオ、ジャムおじさん、バタコ、チーズ
         カバオ、ちびぞう、ネギーおじさん、他


出演声優…坂口哲夫 (だいこん役者)、増山江威子 (黒雪姫)


あらすじ

クリスマスをメチャメチャにしようと考えていたばいきんまんは、バイキン城の書庫で不気味な鏡を見つけた。鏡には恐ろしい黒雪姫が閉じ込められていて、「心のきれいな泣き虫」が鏡を割ることで封印が解けるという。ばいきんまんは、黒雪姫を使ってクリスマスをぶち壊しにしようと作戦を考えた。

心のきれいな泣き虫としてばいきんまんが目を付けたのはクリームパンダ。そこでばいきんまんは、大根役者主催のクリスマスショーの脚本を自ら考案し、その劇の中でクリームパンダに鏡を割らせることにした。
作戦は大成功。封印は解け、鏡の中から黒雪姫が姿を現した。

黒雪姫の力は恐ろしく、カレーパンマンやしょくぱんまん、メロンパンナ、ジャムおじさん、その他街の人々は皆凍らされてしまった。
ばいきんまんも裏切られ、黒雪姫の攻撃を受けてしまう。ばいきんまんを助けようとしたアンパンマンも凍ってしまった。

運よく助かったのはドキンちゃんとクリームパンダのみ。
2人は今後どうするか途方に暮れていたが、そこへサンタさんとルドルフがやってきた。
サンタさんいわく、黒雪姫を倒すには鏡のかけらを集めなければならないらしい。
こうして2人は鏡を探しに出かけることになった。

アンパンマンのクリスマスショー


キラキラ星の力を頼りに鏡のかけらを順調に見つけていくクリーム&ドキン。
待ち伏せしていた子鬼に襲われるというピンチもあったが、助けに来たロールパンナのおかげで難を逃れた。そのロールパンナも、黒い雪を浴び続けて凍ってしまう。

クリームパンダはみんなを救うため、一人で雲の上まで飛んでいき、キラキラ星の光を地上へ送った。
クリームパンダの努力を無駄にしないため、ドキンちゃんは鏡にキラキラ星の光を当て、凍らされた人々を救った。

こうして事件は一件落着かと思われたが、ふたたび黒雪姫が現れて鏡を割ってしまった。
黒雪姫は鏡のかけらを飲み込んでしまったため、もう鏡の力は使えない。
アンパンマンたちも黒雪姫には手も足も出なかった。

鏡のかけらさえあれば黒雪姫を倒すことができ、みんなを救うことができる。そう考えたドキンちゃんは、キラキラ星にお願いをする。
「キラキラ星さん、お願いです。私を鏡のかけらにしてください。しょくぱんまん様のためだけじゃないんです。クリームパンダを、アンパンマンを、みんなを助けるために…!」

ドキンちゃんの願いは通じ、ドキンちゃんは鏡のかけらとなった。
ばいきんまんはドキンちゃんの変わり果てた姿に涙を抑えられなかったが、ドキンちゃんの意思を酌んで、鏡の力で黒雪姫を倒すことを決意。
アンパンマン達と協力したばいきんまんは、黒雪姫を鏡に閉じ込めることに成功した。

こうして無事平和な世界は取り戻されたが、そこにドキンちゃんはいなかった。
ばいきんまんは、ドキンちゃんを元に戻してくれとサンタクロースに懇願したが、サンタクロースにはどうすることもできなかった。
みんなが悲しんでいるなか、クリームパンダがある歌を口ずさむ。「クリスマスの星」だ。
クリスマスの星に願いを込めるように、他の人々も一緒に歌い始めた。

はたして奇跡は起こるのか…!?




備考

映画レベルのスケールのお話。むしろ映画より面白い。
ドキンちゃんとクリームパンダという組み合わせもなかなか良いね。
前半で見られる上がり症アンパンマンが可愛い。
クライマックスは泣ける。


★作中使用曲

「勇気のルンダ」、「クリスマスの星」









にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. TVスペシャル
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。