FC2ブログ

それいけ!バタコさん





ドキンちゃんのマフラー作戦 :: 2020/06/17(Wed)

『ドキンちゃんのマフラー作戦』

ドキンちゃんのマフラー作戦
出典:『ドキンちゃんのマフラー作戦』



♦1992年3月16日放送 <173話A>


オススメ度 ★★★★★★★★★

脚 本  :島田満
絵コンテ  :大和撫子
演 出  :矢野博之

原 画  (AB両パート):増谷三郎、田口広一、阿部恵、西村幸男、星名靖男


登場キャラ
アンパンマンばいきんまんドキンちゃんしょくぱんまん
ミミ先生、ジャムおじさんバタコチーズカレーパンマン



出演声優
戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
増岡弘(ジャムおじさん)、   佐久間レイ (バタコ)
山寺宏一 (チーズ)、  鶴ひろみ(ドキンちゃん)
島本須美(しょくぱんまん)、  柳沢三千代(カレーパンマン)
滝沢ロコ (ミミ先生)


あらすじ

しょくぱんまんにプレゼントするため、おととしの夏からマフラーを編み続け、ついに完成させたドキンちゃん。
季節はもう春だが、ドキンちゃんにとっては、マフラーが完成した今日がクリスマスだ。
ドキンちゃんは、小鳥さんたちに頼み、マフラーと手紙をしょくぱんまんに届けた。
マフラーを受け取ったしょくぱんまんは、さっそくマフラーを首に巻くが、編み方が甘かったのか、すぐにマフラーはボロボロとほどけてしまった。
せっかくのプレゼントがほどけてしまい、困ったしょくぱんまんは、ミミ先生にマフラーを直してもらうことにする。

一方、そんなことは知らないドキンちゃん。
せっかくマフラーをプレゼントしたのに、ミミ先生にマフラーを編んでもらっている様子を見て、大ショック。
ドキンちゃんの思いを踏みにじったしょくぱんまんを嫌いになってしまう。
ショックを受けるドキンちゃんの様子を見て、しょくぱんまんとミミ先生をやっつけてやるとばいきんまん。
ドキンちゃんも静かにうなずく。

結局ばいきんまんはアンパンマンにやられてしまうが、その後、ドキンちゃんは事情を知り、しょくぱんまんが自分を裏切ったわけではなかったと気づく。
2時にもみのきの下で待ち合わせの予定だったのに、もう5時を過ぎてしまった。
しょくぱんまんは3時間以上待っていたが、ドキンちゃんが待ち合わせ場所に着いたときには、さすがに帰ってしまっていた。
しかし、そこにはしょくぱんまんからの手紙が置いてあった。



備考 (感想)

恋するドキンちゃん回では一番のおすすめエピソードかな。
おととしの夏から編んでいたという話や、しょくぱんまんに裏切られて傷ついた様子がとっても乙女だ。
しょくぱんまんも、暑いのにマフラーを巻いて3時間も約束の場所で待っているなんて、男前。
しょくぱんまんは好意を示されてもさらっと受け流しそうなイメージだけど、今回は頬を赤く染めていたり、相手の女性(ドキンちゃんとは知らない)を結構意識している様子だった。
結局、マフラーを作ってくれた相手がドキンちゃんだと知らずに帰ってしまったしょくぱんまん。
叶わぬ恋のすれ違い。この終わり方も、なんかいい。

しょくドキ以外でも、色々なキャラの組み合わせがなかなか魅力的だ。

まずは、ばいきんまんとドキンちゃん。
冒頭、しょくぱんまんにゾッコンのドキンちゃんを見ていじけるばいきんまん。
しょくぱんまんの人形に八つ当たりするも、むなしくなって辞めてしまう。なんか切ない。
だけど、傷ついたドキンちゃんのため、ミミ先生としょくぱんまんをやっつけようとする。
やり方は乱暴だけど、ばいきんまん流のドキンちゃんへの優しさだ。
しょくぱんまんをやっつけると言うばいきんまんに対し、ドキンちゃんが小さな声で「うん」と頷くシーンもなんかイイ。
ドキンちゃんが本当に傷ついているとき、いつもそばにいるのはばいきんまんなのだ。
そして、誤解が解け、結局しょくぱんまん様最高となってしまっても、文句のひとつも言わないばいきんまんは心が広い。

それから、しょくぱんまんとミミ先生。
この二人は仕事上関わりが多いためか、何ともいえない空気感がある。
ドキンちゃんが誤解、嫉妬する気持ちも分からなくない。

最後にしょくぱんまんとカレーパンマン。
3時間待ち続けるしょくぱんまんの横に何故かカレーパンマンが!
しょくぱんまん、わざわざこの話をカレーパンマンに伝えたのかな?
それとも偶然通りがかったカレーパンマンが話し込んじゃったのかな?
いずれにしても、二人が仲良く木の下で待っている様子が微笑ましい。


<収録DVD>


・アンパンマンとおばけばな
・アンパンマンとはんぺんさん
・ドキンちゃんのマフラー作戦
・帰ってきたへどろまん
・アンパンマンとフワフワ光線
・アンパンマンとサンドイッチ島





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:アニメレビュー - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 101話~200話
  2. | trackback:0
  3. | comment:1

アンパンマンとみみせんせい :: 2020/05/18(Mon)

『アンパンマンとみみせんせい』



♦1991年6月17日放送 <137話Aパート>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚 本  :中村修
絵コンテ:島崎大基
演 出  :真野玲

原 画  :鳥居愛緒、松尾裕子
       伊東誠、星野絵美   (A・B両パート)


登場キャラアンパンマンばいきんまん、ミミ先生、ドキンちゃん
         しょくぱんまんカレーパンマン、ケロゴン、カバお、ピョンきち
         ウサこ、ネコミ、ジャムおじさんバタコチーズ、他



出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
        柳沢三千代 (カレーパンマン)、島本須美 (しょくぱんまん)

        滝沢ロコ (ミミ先生)、       山崎たくみ (ケロゴン)
        原えりこ (ピョンきち)、      中村ひろみ (ウサこ)
        小島悠理 (ネコみ)       


あらすじ

雨の日に傘を持っていなかったミミ先生は、通りすがりのしょくぱんまんの車で送ってもらうことに。
その様子を見てミミ先生に嫉妬したドキンちゃんは、ミミ先生をひどい目に合わせるようばいきんまんに命じる。
言われるがまま、ミミ先生を誘拐するばいきんまんだが、誘拐したところで何をすれば良いのか分からない。
しまいにはミミ先生がバイキンUFOの操縦を始めてしまうから大変。
UFOの暴走に付き合わされ、へとへとのばいきんまん。

そんなとき、様子を見に来たドキンちゃんと鉢合わせ。
我に返ったばいきんまんは、暴走途中にぶつかったケロゴンに、「ぶつかったのはミミ先生のせいだ」と言い、ミミ先生をいじめるよう命じる。
ケロゴンはミミ先生を苦しめるが、ミミ先生に一喝されると、良い子になってしまった。
情けないケロゴンに腹を立てたドキンちゃん。
「もうケロゴンは気が弱いんだから!そんな先生のいいなりになるんじゃないわよー!」

そんなドキンちゃんを見て、
「ドキンちゃん、どうしてそんなことを言うんですか?ミミ先生を困らせたりしては駄目でしょ…。」
と、しょくぱんまん。

「しょくぱんまん様…だって、だって、私…」
しょくぱんまんに咎められたドキンちゃんは泣きだしてしまい、一人でどこかへ行ってしまった。


ドキンちゃんを泣かせたことに怒ったばいきんまんは、しょくぱんまんたちと戦おうとするが、ミミ先生が好き勝手に操縦したせいでUFOは壊れてしまった。
そんなこんなで苦戦していたばいきんまんはトリプルパンチでやられてしまった。



備考

なんだか皆不憫。

ばいきんまん→ドキンちゃんのためにミミ先生をさらうが、暴走に付き合わされた後、トリプルパンチで敗退。
ミミ先生→勝手に嫉妬され、誘拐された後、ケロゴンにいじめられる。
パントリオ→巨大扇風機で吹き飛ばされ池の中へ。
ドキンちゃん→しょくぱんまんが好きすぎてミミ先生をいじめるが、逆にしょくぱんまんに嫌われてしまう。
ケロゴン→突然UFOが頭にぶつかる。


ちなみに、この話でミミ先生が初登場したわけではない。


<収録DVD>


『かいじゅうアンコラとカレーナ』
『アンパンマンとなき虫わらい虫おこり虫』
『アンパンマンとみみせんせい』
『アンパンマンとイチゴ仮面』
『すなおとことスコップマン』
『ハンバーガーキッドとちくりん』




にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 101話~200話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

しょくぱん王子とてんどん姫 :: 2012/12/10(Mon)

『しょくぱん王子とてんどん姫』

しょくぱん王子とてんどん姫


♦2000年2月25日放送 <556話>

オススメ度 ★★★★★★★★★

脚 本  :米村正二
演 出  :小林智樹


登場キャラアンパンマンばいきんまんしょくぱんまんてんどんまん
         ドキンちゃん、ミミ先生、カレーパンマンメロンパンナ
         ジャムおじさんバタコチーズカツドンマンかまめしどん
         ピョンきち、カバお、ちびぞう、ウサこ、ネコみ、ウサお
         クマた、ブタお、コン太、モンきち、かびるんるん、他


出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
        原えりこ (ピョンきち)     

        坂本千夏 (てんどんまん)、     島本須美 (しょくぱんまん)
        柳沢三千代 (カレーパンマン)、   滝沢ロコ (ミミ先生)
        三ツ矢雄二 (カツドンマン)、    かないみか (メロンパンナ)
        

あらすじ

昔々ある所に、自分たちが世界一と思っているパンの国とどんぶりの国がありました。
ふたつの国はとっても仲が悪かったんですが、ある日、パンの国の王子様とどんぶりの国のお姫様が恋に落ちてしまったのです。
そんなことは絶対許さない、と怒ったパンの王様とどんぶりの王様は、国を挙げての大喧嘩を始めてしまいます。
「エイ!やー!ター!」
でもなかなか決着はつかず、皆疲れ果てて、お腹が減って、動けなくなったときです。
王子とお姫様が、どんぶりの国の皆にパンを、パンの国の皆にどんぶりを。
「あー!パンというものはなんて美味しいんだ!」
「いや、このどんぶりの美味しさときたら!」
お互いパンとどんぶりのおいしさを知って、ふたつの国は仲直り。
はれて、パンの王子様とどんぶりのお姫様は結婚し、幸せに暮らしました。
めでたしめでたし。

というお芝居をすることになり、パンの王子はしょくぱんまんが、どんぶりのお姫様はてんどんまんが演じることに。
ドキンちゃんやばいきんまんも乱入し、お芝居の練習は着々と進んでいった。
そしていよいよ本番。
いくつかハプニングはあったものの、お芝居は予定通り進められていった。
ところがクライマックスで、ばいきんまんが巨大なメカ「ラーメン大王」を使って暴れ始める。
アンパンマンの顔も濡らされてしまい、大ピンチ。
しかし、しょくぱんまんの活躍やドキンちゃんの助けもあり、見事ラーメン大王を倒したアンパンマンたち。
こうして無事に舞台は幕を閉じ、素敵なお芝居をすることができたのだった。


備考

お芝居の脚本はミミ先生が考案。
ほとんどロミオとジュリエットのオマージュだが、なかなかよくできている。
これをこのまま映画にすることもできるかも。

「Shall we ダンス ?」
「Yes ざんす」
この掛け合いが上手い!


配役もミミ先生が決定。
カレーパンマンの意向を完全に無視してしょくぱんまんを王子役に、子どもたちの一番いい役はピョンきちくんに。アンパンマンにはちょい役を。
なかなか本気の人選だ。

ばいきんまんも、ラーメン大王として乱入するあたり、しっかりお芝居を意識している。
突然のハプニングにも関わらず、最後はミミ先生が上手くまとめ、お芝居は大成功をおさめた。


朝もやの中、ドキンちゃんのシルエットを見つけたしょくぱんまん。
この時点でどんぶりちゃんの正体に気付いていたような気付いていないような。
視聴者のご想像にお任せというところか。なかなか粋な演出だ。










にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 501話~600話
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

みみせんせいとベビードーナツ :: 2011/09/30(Fri)

『みみせんせいとベビードーナツ』


♦2011年9月30日放送 <1097話Aパート>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚本:友永コリエ
絵コンテ:大宙征基
演出:山内東生雄

登場キャラアンパンマンばいきんまん、ミミ先生、ベビードーナツ
         ドーナツマン、ドキンちゃんジャムおじさんバタコチーズ
         カバお、ピョンきち、ウサこ、ちびぞう、他生徒たち

出演声優…松本梨香 (ベビードーナツ)、堀内賢雄 (ドーナツマン)
        滝沢ロコ (ミミ先生)



あらすじ

学校へドーナツを届けに行ったドーナツマンとベビードーナツ。
ベビードーナツはすっかり学校が気に入ってしまい、ドーナツマンが町へ行っている間、学校でみんなと遊ぶことにしました。
一方ドーナツが食べたいばいきんまんたちは、ドーナツマンに襲いかかりますが、アンパンマンの応援もあって失敗。
こうして無事ドーナツを配り終えたドーナツマンは学校へ帰ってきたのでした。めでたしめでたし。



備考

お絵かきの時間にみんなが描いたもの。

ベビードーナツ→ドーナツ
カバお→カバお(イケメン)
ピョンきち→カバお(普通)
ちびぞう→飛行機
ウサこ→花
ネコみ→家
ブタお→山




にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 1001話~1100話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

みみせんせいとカンナくん :: 2011/09/09(Fri)

『みみせんせいとカンナくん』

ミミ先生とかんなくん



♦2011年9月9日放送 <1094話Bパート>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚本:藤田伸三
絵コンテ:大宙征基
演出:橋本敏一

登場キャラアンパンマンばいきんまん、カンナくん、ミミ先生
         ジャムおじさんバタコチーズ、カバお、ピョンきち
         ウサ子、ちびぞう、ネコみ、クマた、ブタお、モンきち、コン太


出演声優…滝沢ロコ (ミミ先生)、竹尾一真 (カンナくん)



あらすじ

学校でみんなに大工作業を教えてあげたカンナくん。
作業を終え、帰ろうとするカンナくんだが、ミミ先生に引きとめられる。
先生はカンナくんに設計図を渡し、図の通りに学校を改造してほしいと言う。
もちろんミミ先生の正体は変装したばいきんまん。
そうとも知らず、カンナくんは仕事を引き受けてしまう。
挙句の果てに、自分で作った罠にかかって吹き飛ばされてしまうカンナくん。

その後、ミミ先生の叫び声を聞きつけて学校へやってきたアンパンマン。
もちろん叫び声はばいきんミミ先生によるものだ。
そうとも知らず学校の中へ入るアンパンマン。
そこには様々な罠が待ち受けており、アンパンマンの顔は潰れてしまう。

とどめをさそうとするばいきんまんだったが、監禁されていた本物のミミ先生から事情を聴いたカンナくんが助けに戻ってきた。
彼はパン工場にこのことを伝え、ばいきんまんの妨害をはかる。
こうして時間を稼いでいる間に新しい顔が到着。
アンパンマンはばいきんまんをやっつけた。


備考

カンナくんは二度目の登場かな?
学校を改造しちゃイカンな。

そういえば今日は二本ともドキンちゃんが出てこなかった。


竹尾一真さん(カンナくん)って中尾隆聖さん(ばいきんまん)の息子さんなんですね。
びっくり。





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 1001話~1100話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0