FC2ブログ

それいけ!バタコさん





アンパンマンとどろんこ魔王 :: 2020/05/05(Tue)

『アンパンマンとどろんこ魔王』


♦2017年10月6日放送 <1376話>
(2020年5月8日再放送)

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚 本  :米村正二
絵コンテ:永丘昭典
演 出  :山内東生雄

作画監督:笠原彰
原画(AB両パート):星名靖男、赤城由高、伊東絵美、三浦弘二


登場キャラ
アンパンマンばいきんまんジャムおじさんバタコチーズ
カレーパンマンしょくぱんまんメロンパンナクリームパンダ
ドキンちゃんホラーマン、コキンちゃん、かびるんるん
ドロンコ魔王、みみ先生、ちびぞう、かばお、ぴょん吉、他
        

出演声優
戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
増岡弘(ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
山寺宏一(チーズ)、 鶴ひろみ(ドキンちゃん)
柳沢三千代 (カレーパンマン)、島本須美 (しょくぱんまん)
かないみか (メロンパンナ)、長沢美樹 (クリームパンダ)
平野綾 (コキンちゃん)、 八尾一樹(ホラーマン)
高木渉(どろんこ魔王)、 滝沢ロコ(みみせんせい)
坂本千夏(ちびぞうくん)、原えりこ(ピョン吉)
中村ひろみ(ウサ子)


あらすじ

星の綺麗な夜。
ジャムおじさんとバタコさんは、アンパンマンが生まれた日のことを思い出していた。
ばいきんまんもまた、自分が生まれた日のことを思い出していた。

アンパンマンやカレーパンマン、しょくぱんまんは、いつものように困った人をがいないかパトロールやパンを配っていた。
そんななか、突如、湖からドロンコの化け物が現れる。
逃げ惑う子どもたちから事情を聴き、湖を見に行くパントリオ。
そこへ、アンパンマンを倒すために現れたばいきんまんも登場。
ばいきんまんは、だだんだんでアンパンマンに襲い掛かり、アンパンマンを捕まえてしまう。

ばいきんまんがアンパンマンにとどめを刺そうとすると、湖からドロンコの化け物が姿を現した。
ドロンコ魔王のお出ましだ。
ドロンコ魔王はアンパンマンの顔に泥水を浴びせ、アンパンマンの顔は汚れてしまう。
アンパンマンをやっつけたことで、ばいきんまんはドロンコ魔王を手下にしようとするが、
ドロンコ魔王は「手下になるのはお前の方だドロ」と言って、だだんだんを投げ飛ばしてしまう。
その後、ドロンコ魔王はしょくぱんまんやカレーパンマン、さらにはドキンちゃん&ホラーマンも捕まえてしまう。
ついに、ドロンコ魔王はアンパンマンにとどめを刺そうとするが、ばいきんまんは、「アンパンマンは俺様が倒すんだ!」と言って、
ドロンコ魔王に攻撃する。
ばいきんまんの活躍により、アンパンマンやドキンちゃんはドロンコ魔王の触手から解放され、アンパンマンの新しい顔も到着。
結局ばいきんまんはドロンコ魔王に投げ飛ばされてしまうが、元気100倍になったアンパンマンとアンパンマン号の火炎放射攻撃により、ドロンコ魔王をやっつけることができた。


備考

新型コロナウイルスの影響により、2017年10月6日の作品を2020年5月8日に再放送。

ドロンコ魔王といえば、映画「キラキラ星の涙」に登場したラスボスだ。見た目もほぼ同じだが、アンパンマンたちは初対面っぽい雰囲気だったので親戚とでも思っておこう。
きらきら星の涙のオマージュっぽいシーンは他にもちらほら見られるが、ばいきんまんがそこそこ活躍する点が本作の見どころかな。

最後にはやなせうさぎさんにアンパンマンが新しい顔をあげてエンディング。
やなせうさぎさんが彷徨っていたのはボリビアのウユニ塩湖っぽい。




にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



  1. 1301話~1400話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ばいきんまんとアンパンマン :: 2020/05/04(Mon)

『ばいきんまんとアンパンマン』

ばいきんまんとアンパンマン
出典:『ばいきんまんとアンパンマン』


♦2020年5月1日放送 <1500話>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚 本  :米村正二
絵コンテ:永丘昭典
演 出  :日巻裕二

作画監督:野田直道
原画(AB両パート):赤城由高、南雲公明、ういん堂


登場キャラ
アンパンマンばいきんまんジャムおじさんバタコチーズ
カレーパンマンしょくぱんまんメロンパンナロールパンナクリームパンダ
ドキンちゃんホラーマン、コキンちゃん、かびるんるん
        

出演声優
戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
山寺宏一 (ジャムおじさん/チーズ)、  佐久間レイ (バタコ)
柳沢三千代 (カレーパンマン)、島本須美 (しょくぱんまん)
かないみか (メロンパンナ)、長沢美樹 (クリームパンダ)
冨永みーな (ドキンちゃん/ロールパンナ)、 平野綾 (コキンちゃん)
八尾一樹(ホラーマン)、ウサギの旅人(三ツ矢雄二)



あらすじ

ばいきん城の掃除をしていたばいきんまんは、ドクターヒヤリが作った赤ちゃんスプレーを発見する。
赤ちゃんスプレーを使ってアンパンマンを赤ちゃんにすることを考えたばいきんまん。
さっそくパトロール中のアンパンマンのもとへ向かい、スプレーをかけてアンパンマンを赤ちゃんにしてしまった。
しかし、赤ちゃんアンパンマンにスプレーをとられてしまい、誤ってばいきんまんにもスプレーが。
アンパンマンだけでなく、ばいきんまんも赤ちゃんになってしまった。
ばいきんまんはアンパンマンからスプレーを取り返そうとするが、突然強風が吹き、アンパンマンとばいきんまんは飛ばされてしまった。

アンパンマンはちょうど通りがかったロールパンナに、ばいきんまんはコキンちゃんに助けられ、それぞれパン工場、ばいきん城へ送り届けてもらう。アンパンマンはジャムおじさんたちに、ばいきんまんはドキンちゃんたちにミルクをもらって優しくしてもらうが、アンパンマンはパトロールを行う使命を、ばいきんまんはアンパンマンを倒す使命を思い出し、それぞれ抜け出してしまう。

アンパンマンを見つけたばいきんまんはアンパンマンをやっつけようとするが、ばいきんUFOの運転に失敗し、地面に激突。
気づくと、パン工場のベッドの上で寝ていた。バタコさんたちが助けてくれたのだ。
最初は嫌がるばいきんまんだが、カレーパンマンとサッカーをしたり、しょくぱんまんとダンスをしたり、バタコさんの子守歌を聞いているうちにすやすや眠ってしまう。
しかし、眠っている間にパトロールに出かけてしまったアンパンマンを追いかけ、再びこっそり抜け出すばいきんまん。

ばいきんまんはアンパンマンを見つけ、攻撃をしかけるが、UFOが墜落しそうになったところを逆にアンパンマンに助けられてしまう。
そんなばいきんまんだが、すきを見て、アンパンマンのマントを切ることに成功。
飛べなくなったアンパンマンは、岩の隙間に落ちていき出られなくなってしまう。
アンパンマンをやっつけて喜ぶばいきんまん。

パン工場では、帰ってこないアンパンマンを心配するバタコさんたちが歌を歌っていた。
パン工場で優しくされたばいきんまんにその歌声が届いたのか、はたまた、自分を助けてくれたアンパンマンを倒したことに罪悪感を感じたのか。
気が変わったかのように、ばいきんまんは、アンパンマンが岩の隙間から出られるようにロープを下ろし、そのままばいきん城へ帰っていった。
ロープを伝って外へ出たアンパンマンは再びロールパンナに助けられ、パン工場へ帰ることができた。
赤ちゃんスプレーの効果が切れ、最後はばいきんまんもアンパンマンも元の姿に戻ることができたのだった。


備考

・記念すべき1500回目のお話。改めてすごい。
・作中では、久々に名曲「勇気の花が開くとき」が流れていた。いい曲だなあ。
・岩の隙間の描写はアメリカのアンテロープキャニオンっぽい。
・アンパンマンに助けられたため、ばいきんまんが最後に情けを見せるという展開は「アンパンマンとイタイノトンデケダケ」パターン。
・赤ちゃんとはいえ、アンパンマンが食べ物や飲み物を口にするのはひょっとして初めてでは…?
・赤ちゃんばいきんまんがばいきん城でもパン工場でも大人気。
・ドキンちゃんはいつ赤ん坊の扱い方を学んだのか。

最後はやなせウサギさん(ウサギの旅人)をアンパンマンが助けてエンディング。
なんだか最終回みたいな雰囲気でした。





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 1401話~1500話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

勇気の花がひらくとき :: 2014/12/27(Sat)

『勇気の花がひらくとき』

勇気の花がひらくとき

♦1999年7月24日放送 <劇場版第11作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚 本  :米村正二
監 督  : 篠原俊哉


登場キャラアンパンマンばいきんまんドキンちゃん
         ジャムおじさんバタコチーズホラーマン
         カレーパンマンしょくぱんまんメロンパンナ
         ロールパンナ、キララ姫、こてっちゃん、こてつじいさん
         ジェニックシスターズ、かばお、うさこ、ピョンきち、ちびぞう他


出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
        肝付兼太 (ホラーマン)、    かないみか (メロンパンナ)
        柳沢三千代(カレーパンマン)、島本須美(しょくぱんまん)
        冨永みーな (ロールパンナ)、 坂本千夏 (ちびぞう)、
        原えりこ (ピョンきち)、      中村ひろみ (ウサこ)
        北村弘一(こてつじいさん)

        雛形あきこ(キララ姫)、藤井恒久(こてっちゃん)
        大村彩子、伊東絵理香、中島礼香、酒井若菜(ジェニックシスターズ)
        フレーベル少年合唱団(キラキラ星の合唱隊)


あらすじ

キラキラ星のお姫様キララ姫は、毎日の窮屈な生活にうんざりしていた。
本当の勇気に気付いた時、キララ姫はスタースティックを扱えるようになる。
しかしながら、日々のお稽古を通して、キララ姫が成長する気配はない。

そんななか偶然キラキラ星へやってきたドキンちゃんと入れ替わり、外の世界へ行くことにしたキララ姫。
宇宙をパトロールしていたアンパンマンと出会った姫は、アンパンマンの優しさに心惹かれ、徐々にアンパンマンのことが好きになっていく。
「アンパンマン、私のこと…好き?」
「好きだよ」
どうやらアンパンマンもキララ姫のことが好きなようだ。

しかし、アンパンマンはキララ姫のことだけが好きなのではなく、みんなのことが好きなのだ。
それを聞き、ショックを受けるキララ姫。
アンパンマンに裏切られたと感じた姫は、悲しさからか怒りからか、パン工場にある勇気の花のエキスの入った瓶を割ってしまう。

一方、鉄の星の住人を騙して最強の兵器を完成させたばいきんまん。
ばいきんまんの攻撃でやられてしまったアンパンマンは新しい顔を焼いてもらうが、勇気の花がないため、いつものような力は出せなかった。
ばいきんまんに全く歯が立たないアンパンマン。
そんなアンパンマンを放っておけなかったキララ姫は、ばいきんまんの前に立ちはだかり、アンパンマンを守ろうとする。そして勇気の花の瓶を割ったことを告白する。

しかし、ばいきんまんは非情にも、キララ姫を燃えたぎる火の海の中へ投げ込んでしまう。
キララ姫を助けるため、炎の中へ入っていくアンパンマン。
しかし燃え盛る炎の中、アンパンマンはがれきの中に埋もれてしまう。
もう終わりか。

そう思われたとき、キララ姫のスタースティックが舞い降り、辺り一面に勇気の花が咲き乱れた。
勇気の花の中から復活したアンパンマンはアンパンチでばいきんまんをやっつけた。



備考

アンパンマンの恋(?)、死(?)、極悪非道なばいきんまんが描かれるなど、普段とはだいぶ雰囲気の異なる作品。

タイトルは「勇気の花がひらくとき」ということで、一応今回のテーマは勇気なのでしょうが、結局本当の勇気とはなんだったのでしょうか。
アンパンマンの勇気については分かりやすいです。愛する人を守るため、自分の危険を顧みずに火の中に飛び込んでいく姿はまさに勇気に溢れています。

一方でキララ姫の勇気は…?
作中で最も彼女が勇気を見せたのは、おそらく勇気の花をダメにしたことを告白した際。
しかし、スタースティックが舞い降りてきたのはそれより後のこと。
燃え盛る火の中で自分の身の安全よりもアンパンマンが助かることを願ったことが勇気の証ということなんでしょうか。

そのほか、この作品で印象的なのはばいきんまんの極悪非道っぷりです。
普通に戦っても勝てそうな元気3倍アンパンマンに対し、人質を救いたければ火の中に飛び込めというのはあまりに酷。しかも結局人質を投げ込んでしまうわけですから。

この作品はおそらく戦争をイメージして作られています。
鉄の星の救世主として現れ、人々を扇動し、反対するものは消してしまうというやり方。
なんとなくナチスのヒトラーを思い起こしてしまいます。
上空からの攻撃や燃え盛るの街の様子は空襲のイメージでしょうか。
ばいきんまん恐ろしや。
ばいきんまん好きの私ですが、今回はアンパンマンを応援してしまいました。







にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:3

アンパンマンとブラックロールパンナ :: 2013/07/10(Wed)

『アンパンマンとブラックロールパンナ』


♦1998年3月6日放送 <465話>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚 本  :米村正二
絵コンテ:矢野博之
演 出  :島崎奈々子


登場キャラアンパンマンばいきんまんロールパンナメロンパンナ
         カレーパンマンしょくぱんまんジャムおじさんバタコさん
         チーズ、ベソ、ドキンちゃんかびるんるん


出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
        
        柳沢三千代 (カレーパンマン)、島本須美 (しょくぱんまん)
        冨永みーな (ロールパンナ)、 かないみか (メロンパンナ)
        山田栄子 (ベソ)


あらすじ

ロールパンナのまごころ草の力が弱まっていると考えたばいきんまんは、ロールパンナを捕まえ、バイキン草の力を強めることにした。
バイキン草のエキスを浴びたロールパンナはブラックロールパンナとなり、アンパンマンに襲い掛かる。
ロールパンナにやられ、海に沈められてしまったアンパンマン。
ロールパンナはパン工場も破壊し、カレーパンマンとしょくぱんまんも倒してしまう。

ベソに助けられ、なんとかジャムおじさんたちのもとへ帰ることのできたアンパンマンは再度ロールパンナと対決。
メロンパンナは戦いを止めに入るが、ブラックロールパンナにはメロンパンナの声もなかなか届かない。
しかし、メロンパンナのメロンジュースを浴びたロールパンナはまごころ草の力を呼び戻すことができた。
最後はアンパンマンとロールパンナのダブルパンチでばいきんまんをやっつけた。


備考

基本的には「ゆうれい船をやっつけろ!」と同様の展開だが、ブラック化の際の演出はこちらの方がえぐい。
「苦しいか?優しい心なんてものを持ってるから苦しむんだ!そんなもんは捨てちまえ!」
この“苦しいか?”の言い方が凄くイイ。
ばいきんまん怖いっす。

アンパンマンがロールパンナと戦う前のなんともいえない表情がイイ。
パン工場の前に花が置いてあるという終わり方もなかなかお洒落。








にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 401話~500話
  2. | trackback:0
  3. | comment:1

空とぶ絵本とガラスの靴 :: 2013/06/08(Sat)

『空とぶ絵本とガラスの靴』

空とぶ絵本とガラスの靴


♦1996年7月13日放送 <劇場版第8作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

監 督  :永丘昭典
脚 本  :米村正二
助監督 :佐藤豊、島崎奈々子

作画監督:前田実
原 画  :菖蒲隆彦、川越淳、山本天志、大道博政、大久保修
      星名靖男、徳田悦郎、若山佳司、原田峰文、倉川英揚
      山本勝也、伊東誠、梶原賢二、増田清美、高田晴仁
      槙田一章、阿部航、梅原隆弘

登場キャラアンパンマンばいきんまん、カボちゃん、ガラゴン、ホッピー
         ドキンちゃんホラーマンカレーパンマンしょくぱんまん
        メロンパンナロールパンナジャムおじさんバタコチーズ
        てんどんまんカツドンマンかまめしどんハンバーガーキッド
        マリオネットちゃん、おむすびまんこむすびまん、ミミ先生
        カバお、ネコみ、はみがきまん、ぶたまんまん、どじょうおじさん
        ソフトクリームマン、ウサこ、ピョンきち、クマタ、ブタお、りんごちゃん
        かびるんるん、ピクルス、やかんまん、あかちゃんまん、他


出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
        柳沢三千代 (カレーパンマン)、島本須美 (しょくぱんまん)
        肝付兼太 (ホラーマン)、    かないみか (メロンパンナ)
        冨永みーな (ロールパンナ)、 滝沢ロコ (ミミ先生)
        原えりこ (ピョンきち)、     中村ひろみ (ウサこ)
        坂本千夏 (てんどんまん)、   三ツ矢雄二 (カツドンマン)   

        福島おりね (クマた)、      柏倉つとむ (やかんまん)
        鉄炮塚葉子 (マリオネットちゃん)、飛田展男 (ガラゴン)
        伊藤美紀 (ホッピー)、      吉野公佳 (カボちゃん)

作中使用曲…「かぼちゃんのバラード」


続きを読む
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ