FC2ブログ

それいけ!バタコさん





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

いのちの星のドーリィ :: 2017/12/04(Mon)

『いのちの星のドーリィ』

命の星のドーリィ



♦2006年7月15日公開 <劇場版第18作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

監督  :矢野博之
脚本  :金春智子

登場キャラアンパンマンばいきんまん、ドーリィ、ドキンちゃん
         メロンパンナロールパンナクリームパンダホラーマン
         カレーパンマンしょくぱんまんジャムおじさんバタコチーズ
         カバお、ピョンきち、ちびぞう、ウサこ、ミミ先生
         どんぶりまんトリオ、SLマン、他



出演声優…安達祐実 (ドーリィ)



あらすじ

夕暮れの海に、捨てられた人形が浮かんでいた。
人形は、波に飲まれそうなところをパトロール中のアンパンマンに助けられる。
ひとまずパン工場に人形を持ち帰ったアンパンマンだが、その夜人形にいのちの星が降り注ぎ、命が宿った。
人形の名はドーリィ。自由に動けるようになったドーリィは嬉しくて仕方ない様子。

だが、ドーリィは自分のことしか考えておらず、自分が生まれてきたのは自分が楽しむためだと考えていた。
学校ではみんなに迷惑ばかりかけていて、ピョンきちくんたちに嫌われてしまう。
一方、未だにいのちの星はドーリィの体に溶け込んでおらず、このままではもとの動かない人形に戻ってしまうかもしれない。
ドーリィは命を失うのが怖かった。

その後ばいきんまんにさらわれたドーリィは爆発に巻き込まれ、ふたたび海の上を漂う羽目になってしまう。
波にさらわれそうなところ、またしてもアンパンマンに助けられたドーリィ。
ずっと強がっていた彼女だが、命を失う怖さや、アンパンマンの優しさを受け、涙を抑えることができなかった。

ジャムおじさんたちとも合流したドーリィだが、そのころ町ではばいきんまんが暴れていた。
アンパンマンたちが対抗するが、雷の力を浴びたメカ『スーパーカビダンダン』には歯が立たない。
ついにはメカが暴走、ドーリィを守ろうとしたアンパンマンは全身がカビに包まれてしまう。
いつものように新しい顔を投げるが、すでにアンパンマンのいのちの星は失われていた。
もう、何度新しい顔を焼いたところで、アンパンマンは生き返らないのだ。

ドーリィを守るために自分の命を犠牲にしたアンパンマン。
そんな彼の姿を見て、ドーリィはある決断をする…。



備考

アンパンマン映画の中でも特に評価の高い作品。
ストーリーはピノキオを元にしていると思われるが、アンパンマンのマーチの一節「何のために生まれて何をして生きるのか、答えられないなんてそんなのは嫌だ」という部分が大きなテーマとなっている。
あなたはこの問いに答えられるだろうか?よくよく考えてみると、非常に深い歌詞だ。

いのちの星は第一話でアンパンマンに命を与えた星だ。
そのため、アンパンマンの誕生シーン、そしてばいきんまんの誕生シーンも映画の中で振り返ることになる。
そういった点もこの映画の良いところだろう。アンパンマンに詳しくない人でも、その誕生秘話を知ることができるのだ。

アンパンマンが顔を食べさせるシーンは名場面。
ゲスト声優の安達祐実さんの演技も素晴らしい。
声優の演技がイマイチだったらこの感動は生まれなかっただろう。

戦場からばいきんまんたちが早々と退散してしまうのは、その後のシリアスな展開を作りやすくするため。
アンパンマンのいのちの星は奪われ、結果的にドーリィが犠牲になるわけだが、そこまで残酷な行為をばいきんまんにさせるわけにもいかない。
そうした配慮からロボットの暴走という展開にしたのだろう。

全体的に映像が美しく、製作陣の気合いが感じられる。
個人的にはエンディンングの入り方が凄く好きだ。










にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:3

ハピーの大冒険 :: 2017/11/23(Thu)

『ハピーの大冒険』


♦2005年7月16日放送 <劇場版第17作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

監 督  :矢野博之
演 出  :島崎奈々子
脚 本  :米村正二


作画監督:前田実



登場キャラ
アンパンマンばいきんまん、ハピー、グリンガ
カレーパンマンしょくぱんまんドキンちゃんホラーマン
ジャムおじさんバタコチーズメロンパンナクリームパンダ
ドクター・ヒヤリ、SLマン、かびるんるん、ハピジイ
ハピタロウ、ハピキチ、カバお、ちびぞう、みみ先生
ピョン吉、ウサコ、ねこみ、てんどんまん
カツドンマンかまめしどん、やかんまん、やぎおじさん、他


出演声優
戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
柳沢三千代 (カレーパンマン)、島本須美 (しょくぱんまん)
肝付兼太 (ホラーマン)、    かないみか (メロンパンナ)
長沢美樹 (クリームパンダ)、 原えりこ (ピョンきち)
中村ひろみ (ウサこ)、     坂本千夏 (ちびぞう)
滝沢ロコ (ミミ先生)、      西村朋紘 (SLマン)

ともさかりえ (ハピー)、     豊嶋真千子 (ハピキチ)
相沢正輝 (ハピジイ)、     千葉繁 (ドクター・ヒヤリ)


あらすじ

強くなりたいハピーは、アンパンマンに憧れていた。
そこで、アンパンマンに会うため、森を飛びだしたハピー。
しかし実際にアンパンマンに同行してみると、アンパンマンは顔をあげたり、荷物を運んであげたり、どうもイメージと違う。
もっとアンパンチで敵をやっつけるところが見たいんだけどなぁ。

そんな折、ばいきんまんがSLマンや子どもたちに襲い掛かる。
アンパンマンは皆を逃がすことを最優先し、ばいきんまんと戦おうとはしなかった。
そんなアンパンマンにがっかりしたハピーは、ばいきんまんの口車に乗り、ばいきんまんをドデカツリーに案内する。
ばいきんまんは、ドクター・ヒヤリにもらった「グリンガ」にドデカツリーの葉を食べさせた。
グリンガは葉を食べると巨大化し、恐ろしい怪物となる。

グリンガは森の皆を襲い、助けに来たアンパンマンたちも大苦戦。
アンパンマンが皆を守ろうとする姿を見て、本当の強さとは何かに気付いたハピーは、アンパンマンと共にグリンガに立ち向かう。


備考

テーマソングにもあるように「強さとは何?」が今回のテーマ。
アンパンマンの献身さをアピールした、シンプルで分かりやすい内容だ。
各キャラクターの考える強さとは、

カレーパンマン→辛さ
しょくぱんまん→美しさ
ばいきんまん→悪さ
アンパンマン→?

で、作品としては「愛」というのが答えらしい。
そういえばハリー・ポッターでもそんな台詞があったね。愛じゃよハピー。
アンパンマンも自分で答えてはいないが、その行動から、誰かを助けること=愛?が強さなのだと、(無意識に?)ハピーに示している。

アンパンマンらしい答えで納得だが、美しさや悪さというのも、間違いではない。
現実の世界でも「美しさ」は大きな武器になるし、悪者が真面目な人間を押しのけて生き延びている現実もある。
カレーパンマンの「辛さ」は…。
もう少しマトモなこと言ってよカレーさん。「勇気」とかさ。


ばいきんまんの「悪」としての強さを見て心が揺らぐハピー。
ハピーを勧誘する際のばいきんまんが悪役らしくて怖かっこいい。
結局は、ばいきんまんに騙される形で不本意に協力することになるが、どうせなら悪の世界へハピーが堕ちる展開が見てみたかったな。
オニオン鬼の初登場回のような。


また、他にも色々なキャラクターの色々な強さを示してくれたら面白かったかもしれない。
そして個人的には、「強さとは何?」の答えは、あえて示さないでほしかった。


以下、私の考える各キャラクターの強さ。

ドキンちゃん→貪欲さ
メロンパンナ→優しさ
ロールパンナ→(妹への)愛、(アンパンマンへの)憎しみ
クリームパンダ→向上心
ジャムおじさん→知識・経験
バタコさん→包容力
チーズ→動物的勘
ホラーマン→図々しさ
バイキン仙人→達観性


現実世界ならお金とか地位とか権力とか…。
「強さ」ってひとことに言っても色々あるよね。







にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

夢猫の国のニャニイ :: 2017/10/21(Sat)

『夢猫の国のニャニイ』


♦2004年7月17日放送 <劇場版第16作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

監 督  :矢野博之
脚 本  :金春智子

絵コンテ
演 出  :島崎奈々子

作画監督
原 画 
菖蒲隆彦、星名靖男、尾崎和孝
清水義治、遠藤栄一、安留雅弥、蒲谷栄之、山内貴美子、川口隆
清水ひろし、佐藤雄三、青山浩行、吉川真一、金井次郎、佐々木守
赤城由高、とみながまり、守岡英行、関口淳、五十嵐路子、清水恵美子
久保川絵梨子、李佳珍、進藤満尾、仲澤崇仁、夘野ー郎、小倉寛之
木下智弘、和田佳純、高田晴仁、安彦英ニ

<登場キャラ>
アンパンマンばいきんまん、 メロンパンナ、ニャニイ
ドキンちゃんホラーマンカレーパンマンしょくぱんまん
クリームパンダジャムおじさんバタコチーズ
ロールパンナ、ムーマ、てんどんまん、カツドンマンかまめしどん
ミミ先生、カバお、ウサこ、ピョンきち、ちびぞう、かびるんるん、夢猫、キーコ、他


<出演声優>
戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
柳沢三千代 (カレーパンマン)、島本須美 (しょくぱんまん)
肝付兼太 (ホラーマン)、    かないみか (メロンパンナ)
冨永みーな(ロールパンナ)、  長沢美樹(クリームパンダ)
原えりこ (ピョンきち)、      中村ひろみ (ウサこ)
坂本千夏 (ちびぞう)、   泉久美子(キーコ)
西村知美(ニャニイ)、   西尾拓美(ムーマ)

あらすじ

100年に一度接近すると言うドリーム彗星が見える夜、みんなが同じ夢を見ると言う不思議な現象が起こる。そして翌朝、メロンパンナが目覚めると、ベッドには卵があり卵から猫が生まれてきたのだ。メロンパンナはその猫を「ニャニイ」と名付け、育てることを決意する。
ニャニイと楽しい日々を過ごすメロンパンナ。しかし、またみんなが同じ夢を見た夜、夢の中の世界は荒れ果てていた。そして、ニャニイはドリーム彗星のなかの夢猫の国の猫で、ネムネムの実を食べないと消滅することが判明した。
ニャニイと別れたくない気持ちを押し切ってドリーム彗星へ急行するメロンパンナ達。しかし、ネムネムの実を食べて夢をかなえようとするばいきんまん達がネムネムの実を根こそぎ採ってしまったのだ。果てには悪夢怪物「ムーマ」も出現し、ニャニイはまさに絶体絶命の危機に…。
(wikiより)

備考

母性が目覚めかけたメロンパンナの話。なのかな?
でも印象としては、普段のクリームパンダに対するお姉さんパンナちゃんと比べ、仲良くなった猫と別れたくないワガママパンナちゃんという印象で、ちょっと子供なメロンパンナちゃんだった。
まあクリームパンダが登場するまでは完全に妹キャラで、まだあどけなかったので、仕方ないのかな。
でもニャニイを連れて逃げようとするのはやっぱりちょっと自分勝手だよね。
そんなメロンパンナがニャニイと別れることを決断できたのはロールパンナお姉ちゃんの言葉があったから。
さすがお姉ちゃんだね。






にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ルビーの願い :: 2016/11/19(Sat)

『ルビーの願い』


♦2003年7月12日放送 <劇場版第15作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚 本  :金春智子
絵コンテ
演 出  :島崎奈々子

監督:矢野博之
原 画 


あらすじ

オーロラの国には、それぞれ色の違う絵筆にまたがって、空いっぱいにオーロラを描く5人のオーロラ娘とオーロラ姫が暮らしていた。ところが、オーロラ娘の一人ルビーはとてもおてんばで、ついにオーロラ姫を怒らせてしまい、赤い小鳥の姿に変えられてしまう。ルビーが再びオーロラの国に帰るためには、ブラックロック島にある3つの願いが叶う石“オーロラの雫”を手に入れるしかなかった。早速石を探しに向かったルビー鳥は、途中でアンパンマンたちと出会う。話を聞いたアンパンマンたちはルビー鳥を心配して一緒について行くことにするのだが…。

備考

オーロラの雫の3つ目の願いで、アンパンマンを助けるために鳥になったルビー。
えーっ!?てみんな驚いていたけど、そりゃ驚くよ!もっと別の方法あるでしょ!
ちょっとワガママな(問題のある)(女の)子が出てきて、アンパンマンたち(主にクリームパンダ)と接していく中で成長していくストーリーは、この映画あたりからわりと定番になり始める。色々と違いはあるけど、ルビーの願い~シャボン玉のプルンあたりまでは、なんとなく同系統の映画という感じ。









にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:1

ロールとローラ うきぐも城のひみつ :: 2016/08/21(Sun)

『ロールとローラ うきぐも城のひみつ』

ロールとローラ



♦2002年7月13日放映 <劇場版第14作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

監 督  :大賀俊二
脚 本  :米村正二

絵コンテ
演 出 

作画監督
原 画 


登場キャラアンパンマンばいきんまんドキンちゃん
        ジャムおじさんバタコチーズホラーマン
        カレーパンマンしょくぱんまんメロンパンナ
        ロールパンナ、ローラ、ほか

出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)   
        柳沢三千代 (カレーパンマン)、島本須美 (しょくぱんまん)
        肝付兼太 (ホラーマン)、    かないみか (メロンパンナ)
        冨永みーな (ロールパンナ)、黒木瞳(ローラ)
        寺田はるひ(からす)、  原えりこ (ピョンきち)
         中村ひろみ (ウサこ)   坂本千夏 (ちびぞう)
         滝沢ロコ (ミミ先生)

あらすじ

うきぐも城に迷い込んだロールパンナはローラ姫と出会う。ローラ姫は汚れた空気を雨で綺麗にしながら暮らしているが、綺麗にするための機械が壊れてしまったため、姫は機械の修理をしていた。たくさんのまごころ草に囲まれ、優しい心で満たされていたロールパンナは、ローラととても仲良くなり、機械の修理を手伝うこととなった。
ところが、ばいきんまんがバイキン草を使って、ロールパンナに悪い心を呼び戻してしまう。さらに、うきぐも城からバイキンの雨を降らし、世界を汚染していく。
この危機を救うには、ロールパンナがメロンパンナにプレゼントしたハートの歯車を使うしかないのだが、歯車はバイキンの海に沈んでしまっていた。ローラとアンパンマンが協力し、また、ロールパンナも優しい心を取り戻し、なんとか歯車を見つけることはできたが、引き換えにロールパンナはバイキンの海に沈んでしまった。
ロールパンナは二度と戻ってこないかと思われたが、ローラが歯車の歌を歌うと、雲の中からロールパンナが復活した。
めでたしめでたし。


備考

なんだ、この映画は。
これは百合とか言われても仕方ないよ。狙ってるよね?

ロール「好きなんだ…」
ローラ「えっ…?」
ロール「…花が。」
ローラ「…お前、綺麗な目をしているな…。」
ロール「え?」
ローラ「な、なんでもねえよ!」

このやりとりのときのローラ姫の表情ときたら。
でもまあ確かにロールパンナが恋をするなら男性よりも女性の方がしっくりくるような気はする。かも。

全体的なストーリーはというと、ロールパンナがブラック化して元に戻るお話。
ゆうれい船でも一度やってるので、あんまり新鮮味は無いかな。
前半部分を好むかどうかで評価が分かれそうだ。
個人的にはイマイチな作品。
ローラ姫の髪の毛を洗ってあげたり、一緒にドレスを着たりして楽しんでいるフェミニンなロールパンナを見たいならオススメ。

ちなみに今回はカレーパンマンとしょくぱんまんもあっさりブラック化。もはやこの二人はネタだな。









にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。