それいけ!バタコさん





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

メロンパンナとのぎくちゃん :: 2013/02/27(Wed)

『メロンパンナとのぎくちゃん』

メロンパンナとのぎくちゃん


♦1995年2月27日放送 <320話Aパート>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚本:寺島想
絵コンテ:奥脇雅晴
演出:日巻裕二

登場キャラアンパンマンばいきんまんメロンパンナ、のぎくちゃん
         ジャムおじさんバタコチーズドキンちゃん、小鳥たち


出演声優…岡本麻弥 (のぎくちゃん)

作中使用曲…「森は枯れても」


あらすじ

ある寒い日のこと。
暖炉の火で温まろうとしたドキンちゃんだが、バイキン城には薪が残っていなかった。
ドキンちゃんは薪を持ってくるようばいきんまんに命じ、ばいきんまんはしぶしぶ出かけて行った。

一方、突然雨が降ってきたために、大きな樫の木の下で雨宿りをしていたメロンパンナちゃん。
すると、どこからともなく女の子の泣く声が聞こえる。
泣いていたのはのぎくちゃん。
彼女は樫の木が年々弱っていくのが悲しかったのだ。

メロンパンナは、樫の木が風に負けないように、木を補強することにした。
小鳥たちと集めてきた木片でとりあえず簡易的な補強をしたメロンパンナだが、まだ不安だということで、アンパンマンたちにも手伝ってもらうことにした。

パン工場へ向かうメロンパンナと入れ違いに、薪を探しにばいきんまんがやってきた。
ばいきんまんは、補強に使っている木片を薪に利用しようと考えたが、樫の木が弱っていることを知ったため、樫の木自体を薪に使うことにした。
必死に樫の木を守ろうとするのぎくちゃん。
アンパンマンたちも、異変に気づいてやってきた。

ばいきんまんは大型扇風機でアンパンマンたちに対抗。
風に煽られる樫の木はますます弱っていく。
ジャムおじさんたちの応援もあってなんとかばいきんまんをやっつけたアンパンマンだが、樫の木はすでに弱り果てていた。
のぎくちゃんの願いもむなしく、樫の木は倒れ、崖から落ちて行った。
樫の木の無残な最期を見つめ、悲しむのぎくちゃんたち。

だが、樫の木のあった場所には、新芽が生えていた。
樫の木の赤ちゃんだ。
古い樫の木は倒れてしまったが、新たな命が芽生えたのだ。



備考

数少ないバッドエンド回。
のこぎりで木を切り倒そうとするばいきんまんだが、さすがに体を張って樫の木を守るのぎくちゃんに手を出すほど非情ではないようだ。

ばいきん「こ、こら!危ないじゃないか!早くどきなさい!」
のぎく 「この木は皆の大切な木よ、やめて!」
ばいきん「こんな木どうせもうすぐ枯れちゃうんだ!もう邪魔すんじゃない!」

一応枯れゆく木を選んでいる辺り、ばいきんまんも良心的なのかもしれない。

のこぎり&のぎくちゃん



それいけ!アンパンマン'95 6
監督:永丘昭典
出演者:戸田恵子、 中尾隆聖、 増岡弘、 佐久間レイ
収録時間:70分
レンタル開始日:2008-03-19

Story
やなせたかし原作による人気TVアニメシリーズ「それいけ!アンパンマン」の95年放映分を収録した第6巻。アンパンマンやばいきんまん、どきんちゃん、しょくぱんまんほか、かわいくて個性的な人気キャラクターたちが大冒険を繰り広げる。 (詳細はこちら





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 301話~400話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。