それいけ!バタコさん





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

勇気の花がひらくとき :: 2014/12/27(Sat)

『勇気の花がひらくとき』

勇気の花がひらくとき

♦1999年7月24日放送 <劇場版第11作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚 本  :米村正二
監 督  : 篠原俊哉


登場キャラアンパンマンばいきんまんドキンちゃん
         ジャムおじさんバタコチーズホラーマン
         カレーパンマンしょくぱんまんメロンパンナ
         ロールパンナ、キララ姫、こてっちゃん、こてつじいさん
         ジェニックシスターズ、かばお、うさこ、ピョンきち、ちびぞう他


出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
        肝付兼太 (ホラーマン)、    かないみか (メロンパンナ)
        柳沢三千代(カレーパンマン)、島本須美(しょくぱんまん)
        冨永みーな (ロールパンナ)、 坂本千夏 (ちびぞう)、
        原えりこ (ピョンきち)、      中村ひろみ (ウサこ)
        北村弘一(こてつじいさん)

        雛形あきこ(キララ姫)、藤井恒久(こてっちゃん)
        大村彩子、伊東絵理香、中島礼香、酒井若菜(ジェニックシスターズ)
        フレーベル少年合唱団(キラキラ星の合唱隊)


あらすじ

キラキラ星のお姫様キララ姫は、毎日の窮屈な生活にうんざりしていた。
本当の勇気に気付いた時、キララ姫はスタースティックを扱えるようになる。
しかしながら、日々のお稽古を通して、キララ姫が成長する気配はない。

そんななか偶然キラキラ星へやってきたドキンちゃんと入れ替わり、外の世界へ行くことにしたキララ姫。
宇宙をパトロールしていたアンパンマンと出会った姫は、アンパンマンの優しさに心惹かれ、徐々にアンパンマンのことが好きになっていく。
「アンパンマン、私のこと…好き?」
「好きだよ」
どうやらアンパンマンもキララ姫のことが好きなようだ。

しかし、アンパンマンはキララ姫のことだけが好きなのではなく、みんなのことが好きなのだ。
それを聞き、ショックを受けるキララ姫。
アンパンマンに裏切られたと感じた姫は、悲しさからか怒りからか、パン工場にある勇気の花のエキスの入った瓶を割ってしまう。

一方、鉄の星の住人を騙して最強の兵器を完成させたばいきんまん。
ばいきんまんの攻撃でやられてしまったアンパンマンは新しい顔を焼いてもらうが、勇気の花がないため、いつものような力は出せなかった。
ばいきんまんに全く歯が立たないアンパンマン。
そんなアンパンマンを放っておけなかったキララ姫は、ばいきんまんの前に立ちはだかり、アンパンマンを守ろうとする。そして勇気の花の瓶を割ったことを告白する。

しかし、ばいきんまんは非情にも、キララ姫を燃えたぎる火の海の中へ投げ込んでしまう。
キララ姫を助けるため、炎の中へ入っていくアンパンマン。
しかし燃え盛る炎の中、アンパンマンはがれきの中に埋もれてしまう。
もう終わりか。

そう思われたとき、キララ姫のスタースティックが舞い降り、辺り一面に勇気の花が咲き乱れた。
勇気の花の中から復活したアンパンマンはアンパンチでばいきんまんをやっつけた。



備考

アンパンマンの恋(?)、死(?)、極悪非道なばいきんまんが描かれるなど、普段とはだいぶ雰囲気の異なる作品。

タイトルは「勇気の花がひらくとき」ということで、一応今回のテーマは勇気なのでしょうが、結局本当の勇気とはなんだったのでしょうか。
アンパンマンの勇気については分かりやすいです。愛する人を守るため、自分の危険を顧みずに火の中に飛び込んでいく姿はまさに勇気に溢れています。

一方でキララ姫の勇気は…?
作中で最も彼女が勇気を見せたのは、おそらく勇気の花をダメにしたことを告白した際。
しかし、スタースティックが舞い降りてきたのはそれより後のこと。
燃え盛る火の中で自分の身の安全よりもアンパンマンが助かることを願ったことが勇気の証ということなんでしょうか。

そのほか、この作品で印象的なのはばいきんまんの極悪非道っぷりです。
普通に戦っても勝てそうな元気3倍アンパンマンに対し、人質を救いたければ火の中に飛び込めというのはあまりに酷。しかも結局人質を投げ込んでしまうわけですから。

この作品はおそらく戦争をイメージして作られています。
鉄の星の救世主として現れ、人々を扇動し、反対するものは消してしまうというやり方。
なんとなくナチスのヒトラーを思い起こしてしまいます。
上空からの攻撃や燃え盛るの街の様子は空襲のイメージでしょうか。
ばいきんまん恐ろしや。
ばいきんまん好きの私ですが、今回はアンパンマンを応援してしまいました。







にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。