それいけ!バタコさん





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

人魚姫のなみだ :: 2015/06/14(Sun)

『人魚姫のなみだ』

人魚


♦2000年7月29日放映 劇場版第12作

脚本:金春智子
監督:矢野博之
助監督:日巻裕二  

オススメ度 ★★★★★★★★★★

登場キャラ…アンパンマン、ばいきんまん、サニー姫、しょくぱんまん、海魔女
         ドキンちゃん、ホラーマン、カレーパンマン、メロンパンナ、
         ジャムおじさん、バタコ、チーズ、ヌラ、うずまきまん、ゴロンゴラ
         シャボンダマン、おじゃマンボウ、こじゃマンボウ、ジェニックフィッシャーズ
         ミミ先生、カバお、ウサ子、ピョン吉、ちびぞう、かびるんるん、SLマン他

出演声優…南果歩 (サニー姫)、玄田哲章 (ヌラ)
        山本圭子 (海魔女)、中山秀征 (おじゃマンボウ)
        藤井恒久 (こじゃマンボウ)
        眞鍋かをり・上原まゆみ・谷理沙・福井裕佳梨
        (ジェニック フィッシャーズ)


作中使用曲…夕日にむかって




あらすじ

陸の世界へ憧れる人魚のサニー姫は“ベニイロヒトデの髪飾り”で人間になることを考える。
だが、その髪飾りにはゴロンゴラの呪いがかかっているため、サニー姫が使うことは許されなかった。
しかしどうしても陸へ行きたいサニー姫は髪飾りを盗み出し陸へ上がった。
陸の世界で力尽きてしまったサニーはしょくぱんまんに助けられパン工場へ行くことに。
サニーとしょくぱんまんは次第に仲良くなっていく。

一方海では、怪物ゴロンゴラが復活してしまい、大変なことに。
こうなってしまったのは自分のせいのため、サニー姫は髪飾りを外し、元の人魚に戻る。
ゴロンゴラを封印する方法を知ったサニー姫は、危険を顧みず、封印に成功。
こうして無事海は平和になったが、海に暮らすサニー姫としょくぱんまんは別れなければならなかった。


備考

あくまで主観ですが、アンパンマンの映画のワースト作品。
しょくぱんまんの活躍も、ヒロインの行動も、ばいきんまんの悪事も中途半端。
そして何より「みなみの海をすくえ!」と色々被りすぎでしょう。
その他、ゴロンゴラはノッシーで出てくるし、過去の作品から色々抽出しすぎている印象。
また、サニー姫や海魔女、おじゃマンボウなどの絵が異質なせいか、全体的にアンパンマンっぽくない印象を受ける。別作品にアンパンマンが特別出演しているようなイメージだ。

そんなわけでこの映画はあんまり好きじゃないです。
あくまで主観です。

元気100倍アンパンマンのカッコ良さに関してはトップクラスだと思います。





      





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

      

関連記事
スポンサーサイト
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ばいきんまんとすてきなクリスマスケーキ | top | アンパンマンとバイキンUFOロボ>>


comment

サイト、楽しく読ませていただきました。お勧め回が分かりやすくて参考になります。
ところで評価は五点を下回ることはないのですか?
  1. 2015/12/26(Sat) 13:45:23 |
  2. URL |
  3. 憂 #fiWm4Tng
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 憂 さん
コメントありがとうございます。
今のところ星4以下はありませんが、あまりにも話がひどい、不快、教育に悪いなどと感じる話があれば、もしかしたら4以下をつけるかもしれません。
また、星の数は記事を書いたときの気分にもよるので、あとで見直してみると、星が多すぎたかなとか少なかったかなと思うこともあります(笑)。
  1. 2015/12/27(Sun) 21:22:39 |
  2. URL |
  3. バタコ #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://batabatakosan.blog95.fc2.com/tb.php/170-d755d2ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。