それいけ!バタコさん





キラキラ星の涙 :: 2011/03/11(Fri)

『キラキラ星の涙』

キラキラ星の涙


1989年3月11日放映 劇場版第1作

監督:永丘昭典
脚本:翁妙子
 

オススメ度 ★★★★★★★★★★

登場キャラ…アンパンマン、ばいきんまん、ナンダ・ナンダー姫、マルデ・ヘンダー、ドロンコ魔王
        カレーパンマン、しょくぱんまん、ドキンちゃん、ジャムおじさん、バタコ、チーズ
        氷の女王、ゆきおおかみ、ゆきだるまん、ひのたまこぞう、らーめんてんし、さかさまん
        どんぶりまんトリオ、すなおとこ、おむすびまん、ドロドロン、その他

出演声優…折笠愛 (ナンダ・ナンダー姫)、水島裕 (マルデ・ヘンダー)
        加藤治 (ドロンコ魔王)、    吉田理保子 (氷の女王)
        田中真弓 (ひのたまこぞう)、 荘真由美 (らーめんてんし)
        玄田哲章 (すなおとこ)、    京田尚子 (おむすびまん)
        ならはしみき、千原江理子 (ゆきだるまん)


バイキンメカ…もぐりん、バイキン(マン)ロボット

作中使用曲…生きてるパンをつくろう、いくぞ!ばいきんまん、ドキン・ドキン・ドキンちゃん
         アンパンマンのマーチ、勇気の花がひらくとき



あらすじ

「キラキラの涙」を手に入れたドロンコ魔王は、キラキラ星をのっとってしまった。
キラキラの涙を取り返すため、アンパンマンたちの星へやってきたナンダ・ナンダー姫とマルデ・ヘンダーだが、ナンダ姫はバイキン城に閉じ込められてしまう。
なんとか逃げ出したナンダ姫はアンパンマンたちと合流し、キラキラの涙を探す旅に出かけた。
ばいきんまんとドキンちゃんも、キラキラの涙を手に入れるため、アンパンマン達を追いかけた。

途中、氷の宮殿や“さかさまん”の洞窟、砂漠などでそれらしき宝石を手に入れるが、どれも別の宝石だった。砂漠でアンパンマンたちを助けてくれたおむすびまんとも合流し、一行はオソレ沼へと向かった。

そこに待っていたのは恐ろしい怪物「ドロンコ魔王」だった。
ドロンコ魔王の頭上にはキラキラの涙が赤く光っていた。

アンパンマンたちはキラキラの涙を取り返そうとするが、ドロンコ魔王には歯が立たない。
ばいきんまんやドキンちゃんもドロンコ魔王からキラキラの涙を奪うことはできなかった。

ついにナンダ姫はドロンコ魔王に捕まってしまう。
アンパンマン達は傷だらけになりながらも、必死にナンダ姫を救おうとした。
その姿を見てナンダ姫の目から涙がこぼれ落ちた。
涙は「キラキラの涙」のもとに落ち、キラキラの涙は強い光を放った。

ドロンコ魔王はキラキラの涙の光によってとけていった。
ドロンコ魔王が滅んだことで星は平和になり、ナンダ姫とマルデはキラキラ星へ帰って行った。



備考

劇場版第一作目。
映画らしく様々な世界を冒険し、ばいきんまん以外の敵も数多く登場。
この作品と2作目の「ばいきんまんの逆襲」は上映時間も長く、他の作品よりスケールが大きい印象。
ただし近年の作品に比べると、メッセージ性には欠けるかもしれない。
単純な娯楽映画としては、アンパンマン映画の中でもトップクラスの作品だ。
個人的には一番好きな映画。

ところで、最後はナンダ姫の涙がドロンコ魔王を倒すことになる。
「決めたんだ!キラキラの涙を取り戻すまでは何があっても泣かないって!」と言っていた姫が、自分のためにボロボロになっているアンパンマンの姿を前に流してしまう涙。
自分の星の命運を背負った姫の、様々な思いのつまった涙だからこそ、この終わり方に説得力があるんだね。



 






にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

      

関連記事
スポンサーサイト
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<シュガーランドと黒バラ女王 | top | アンパンマンとかびるんるん>>


comment

バイキンメカ

バイキンマンロボットなどのバイキンメカ画像も見せてください。
  1. 2011/10/10(Mon) 11:04:57 |
  2. URL |
  3. クウラ様 #-
  4. [ 編集 ]

Re: バイキンメカ

はい。
そのうちupします。
  1. 2011/10/10(Mon) 19:21:43 |
  2. URL |
  3. バタコ #-
  4. [ 編集 ]

今思えばキラキラ星の涙は本当にクオリティ高かったです。
良すぎたがために以降の映画でキラキラ星の涙を超える作品が出てきていないと思います。超えずとも並ぶ作品としては「いのちの星のド―リィ」、「ゆうきの花がひらくとき」があげられますね。
  1. 2011/12/03(Sat) 13:29:45 |
  2. URL |
  3. ゅんゅん #2l/WBRjw
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

どの作品が良いかということは主観になりますから一概には言えませんが、同じくこの作品はクオリティが高いと思います。
「いのちの星のド―リィ」に関しては、作品のテーマが素晴らしく、メッセージ性が強いですね。
そのため視聴者の評価は非常に高いですし、私も素晴らしい作品だと感じています。

一方でキラキラ星の涙はメッセージ性というよりは純粋に展開を楽しむ度合いが強いように思います。
映画らしい壮大さ、ワクワク感はこの映画が一番ではないでしょうか。
映画にどういう要素を求めるかによって、それぞれの評価も変わってくるのでしょう。
個人的にはキラキラ星の涙は大好きな作品です。
  1. 2011/12/03(Sat) 18:00:42 |
  2. URL |
  3. バタコ #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://batabatakosan.blog95.fc2.com/tb.php/26-4c321446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)