それいけ!バタコさん





アンパンマンとフランケンロボくん :: 2012/07/24(Tue)

『アンパンマンとフランケンロボくん』


♦1996年4月22日放送 <375話>

オススメ度 ★★★★★★★★★

脚 本  :日吉恵
絵コンテ:奥脇雅晴
演 出  :大原実


登場キャラアンパンマンばいきんまんフランケンロボくんドキンちゃん
         ジャムおじさんバタコチーズカレーパンマンメロンパンナ
         とうだいまん、ミミ先生、カバお、ウサこ他

出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
        
        柳沢三千代 (カレーパンマン)、かないみか (メロンパンナ)
        TARAKO (フランケンロボくん)、滝沢ロコ (ミミ先生)



あらすじ

ばいきんまんは、アンパンマンを倒すためのロボット、「フランケンロボ」を完成させた。
しかし、フランケンロボは気弱で全く役立たず。ばいきんまんはロボットをゴミ捨て場に捨ててしまう。
その後、雷を浴びたフランケンロボの体に電気が帯び、触るとしびれる体になってしまった。

フランケンロボは街の人たちと友達になろうとするが、握手をすれば相手がしびれてしまう。
そんな様子を見ていたばいきんまんはフランケンロボを利用してアンパンマンを倒すことを考える。
パパに再開できて喜ぶフランケンロボ。
彼は、ばいきんまんの言うとおり、アンパンマンたちを倒すことにした。

ばいきんまんの命令+コントローラーの操縦により、アンパンマンたちに襲い掛かるフランケンロボ。
アンパンマンたちもフランケンビームに大苦戦。
しかし、ゴム手袋やかまどの扉を利用してなんとか対抗し、ばいきんまんをやっつけることができた。

フランケンロボはみんなに謝り、再び友達になろうとする。
しかし電気を帯びた体では皆の役に立つことはできないと、フランケンロボは泣きだしてしまった。
そこで、アンパンマンの提案により、フランケンロボはとうだいまんのもとで働くことに。
体の電気をとうだいまんに提供し、とうだいまんの電気はより明るく輝くようになった。



備考

フランケンロボ初登場回。
なぜ彼がばいきんまんをパパと呼ぶのかが分かる話。
フランケンロボの設定はなかなか面白い。

フランケンロボとしては自分を作ってくれたばいきんまんを愛しているようだが、ばいきんまんとしては微妙なところ。
完成させた際はそれなりに可愛がっていたが、平気で捨ててしまうところを見ると、所詮アンパンマンを倒すための道具にすぎないのだろう。


その後は徐々にばいきんまんの心情にも変化が表れていくことになる。









にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
  1. 301話~400話
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<みんなだいすき!アンパンマン | top | つみき城のひみつ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://batabatakosan.blog95.fc2.com/tb.php/406-63997efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)