それいけ!バタコさん





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

アンパンマンとふしぎなクルルン :: 2011/04/19(Tue)

『アンパンマンとふしぎなクルルン』

アンパンマンとふしぎなクルルン


♦1995年3月6日放送 <321話>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

脚本:翁妙子
演出:川越淳

原画:梶原賢二、徳田悦郎、梅原隆弘、若山佳治
    増田清美、山本勝也、高田晴仁、伊藤一男


登場キャラ…アンパンマン、ばいきんまん、クルルン、メロンパンナ、ドキンちゃん
         カバお、ピョンきち、くまた、ジャムおじさん、バタコさん、チーズ他

出演声優…松倉羽鶴 (クルルン)、野崎美子 (くまた)



あらすじ

突如咲かなくなってしまった勇気の花。
それと同時に突如現れた女の子がいた。
女の子は記憶を失っており、自分の名前さえも覚えていなかった。
ジャムおじさんの提案で、髪の毛がクルルンとしていることから、彼女の名前は“クルルン”に決定。
クルルンとアンパンマンは初めて会ったはずなのに、不思議とお互いに絆を感じていた。

一方、勇気の花が咲かなくなったことを知ったばいきんまんは、パン工場にあった残り1本の勇気の花を盗み出した。さらに、顔の欠けているアンパンマンに襲いかかり、アンパンマンの顔をぺしゃんこにしてしまう。アンパンマンの変わり果てた姿を見て泣くクルルンだが、彼女の涙を浴びたアンパンマンはなぜか勇気が湧いてくる気がした。

アンパンマンはパン工場で新しい顔に取り換えるも、勇気の花のエキスは入っていないため、いつものような力は出なかった。
そんななか、ばいきんまんは巨大なメカを使って街で大暴れ。
アンパンマンは街を救いに出かけたが、勇気のないアンパンマンでは手も足も出ない。

ピョンきちくんたちと一緒にやってきたクルルンも、ばいきんまんによって吹き飛ばされてしまう。
メロンパンナに助けられたクルルンは、すべての記憶を取り戻していた。
クルルンは、森の中のかつて勇気の花が咲いていた場所に向かった。

「もう会えないけどここで咲き続ける。あなたのためにいつもいつも一緒にいます」

そうアンパンマンに伝えるよう言って、彼女は消えてしまった。
同時に、辺り一面に勇気の花が咲き乱れた。
クルルンは勇気の花の精だったのだ。

ジャムおじさんとバタコさんは、クルルンの意思を酌み、すぐに新しい顔を作り始めた。勇気の花のエキスをたくさん入れて…。
新しい顔に替わったアンパンマンはかつてないほどの勇気を感じ、すぐにばいきんまんをやっつけた。
その後アンパンマンは、バタコさんたちから事情を聴き、クルルンにもう会えないことを知った。

だが、クルルンはいつもアンパンマンの中にいる。いつだってアンパンマンに勇気を与え続けているのだ。
そう自分に言い聞かせ、アンパンマンはパトロールをするため大空へ飛び立っていった。
「もっと高く飛ぶよ、クルルン!」



備考

管理人のお気に入り作品のひとつ。30分枠で放送される話としてはかなり内容の濃い話だ。
下手な映画よりよっぽど完成度が高いのではないだろうか。
おそらく劇場版の「妖精リンリンのひみつ」はこの話をもとにしているが、個人的には断然こっちの話の方が好きだ。

最後のクルルンの笑顔が切ない…。
クルルンが消えてしまうのは寂しいが、それがこの話に深みを出しているのかもしれない。



<収録DVD>



【収録話】
砂の魔王と虹のピラミッド
アンパンマンとふしぎなクルルン
アンパンマンとみどり島





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
  1. 301話~400話
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ドキンちゃん | top | アンパンマンとどんぶりまんトリオ>>


comment

この話見るためにDVDをとりよせて見ました。
翁妙子さんの脚本だけあっていい話でした。
話は映画のような壮大感はないですが、30分1話ならこれでいい感じだと思いました。心にじわじわきますね。
終わり方が最終回っぽかったような。
  1. 2011/12/03(Sat) 13:10:35 |
  2. URL |
  3. ゅんゅん #2l/WBRjw
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

確かに良作だと思う回は翁妙子さんの脚本であることが多いですね。
翁さんの脚本は新規キャラクターの設定に工夫がみられる他、既存の主要キャラクターの使い方も上手いと思います。

この話のアレンジ版として「勇気の花がひらくとき」や「妖精リンリンのひみつ」などがありますが、個人的には最後にクルルン自身がアンパンマンの一部となるという本作品の終わり方が一番好きです。
クルルンの笑顔で終わるラストシーンの余韻の残し方も良いですね。
「それいけ!アンパンマン」という作品において大きな意味のある回だったと思います。

ちなみにこの話の演出は川越淳さん。
アニメのことは良く分かりませんが、どうやらこの人が演出を担当する回はアニメーションの構図や動きが良い傾向にあるようです。
脚本・演出ともに良い話は、やはり完成度が高いことが多いですね。
  1. 2011/12/03(Sat) 17:46:55 |
  2. URL |
  3. バタコ #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://batabatakosan.blog95.fc2.com/tb.php/50-0f706428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。