それいけ!バタコさん





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

てのひらを太陽に :: 2013/07/20(Sat)

『てのひらを太陽に』


♦1998年7月25日放送 <劇場版第10作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

監 督 :永丘昭典
助監督:大原実
脚 本 :藤田伸三

作画監督:前田実
原 画  :菖蒲隆彦、大道博政、大久保修、山本天志
      星名靖男、南雲公明、笠原彰、清水義治
      伊東誠、阿部司、高田晴仁、佐藤徹


登場キャラアンパンマンばいきんまん、リナちゃん、だいこん役者、ブラック大魔王
         メロンパンナロールパンナカレーパンマンしょくぱんまん、シャイン王子
         ジャムおじさんバタコチーズドキンちゃんホラーマン、SLマン
         ゆでたまごちゃん、だいこん座長、こんぶくん、こんにゃくん、つみれくん
         ちくわん、ミミ先生、カバお、ピョンきち、ウサこ、ちびぞう、ネコみ
         ブタお、コン太、モンきち、クマた、マリン、ノッシー、ロブスター、アコヤ、他


出演声優…坂口哲夫 (だいこん役者)、西村朋紘 (SLマン)
        菊池桃子 (リナちゃん)、 大友龍三郎 (ブラック大魔王)


あらすじ

その昔、シャイン王子はブラック大魔王を封印させる際に、自分自身も封印されてしまった。
そんなシャイン王子を探すため、オカリナ姫のリナちゃんは、でんでん一座の皆と共に、くらやみ谷へと向かった。
ところが、ばいきんまんがブラック大魔王を復活させてしまったから大変。
アンパンマンたちはブラック大魔王を倒すことができるのか。
そして、リナチャンはシャイン王子と再会できるのか。

備考

前半はわりと面白いけど後半がイマイチかなぁ。
洞窟の中での戦いがメインなので、ちょっと窮屈なイメージ。
なんだか「てのひらを太陽に」というタイトルを先に決めて、その後に無理やりストーリーを作ったような印象を受ける。

今回の敵はブラック大魔王。
化石の魔王とまる被りだ。
リナちゃんもオカリナ姫と同じだし、こういう紛らわしい新キャラはやめてほしいな。


ばいきんまんの存在感が薄く、カレーパンマンたちもあっけなく敗退。
どんぶりまんトリオの映画皆勤記録はここで終了。
と、メインキャラがあまり活躍できていないのも個人的には残念。








にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

虹のピラミッド :: 2013/06/17(Mon)

『虹のピラミッド』


♦1997年7月26日放送 <劇場版第9作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

監 督  :大賀俊二
脚 本  :米村正二

作画監督:前田 実


登場キャラアンパンマンばいきんまん、あめふりアメちゃん、あめふりおに
         すなおとこ、レインボー王子、ロールパンナチーズ
         かびるんるんドキンちゃんホラーマンメロンパンナ
         カレーパンマンしょくぱんまんジャムおじさんバタコ
         てんどんまんカツドンマンかまめしどんやみるんるん
         ほうたいまん、ナプキンさん、メンドーくん、他


出演声優…松本伊代 (アメちゃん)、西村智博 (SLマン)
        福澤 朗 (レインボー王子)、魚住りえ (虹の子)
        山岡三子 (かびかびみっちゃん)
        玄田哲章 (あめふりおに、すなおとこ)


作中使用曲…虹をつくる歌、勇気のルンダ、虹の星

バイキンメカ…もぐりん



続きを読む
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

空とぶ絵本とガラスの靴 :: 2013/06/08(Sat)

『空とぶ絵本とガラスの靴』

空とぶ絵本とガラスの靴


♦1996年7月13日放送 <劇場版第8作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★

監 督  :永丘昭典
脚 本  :米村正二
助監督 :佐藤豊、島崎奈々子

作画監督:前田実
原 画  :菖蒲隆彦、川越淳、山本天志、大道博政、大久保修
      星名靖男、徳田悦郎、若山佳司、原田峰文、倉川英揚
      山本勝也、伊東誠、梶原賢二、増田清美、高田晴仁
      槙田一章、阿部航、梅原隆弘

登場キャラアンパンマンばいきんまん、カボちゃん、ガラゴン、ホッピー
         ドキンちゃんホラーマンカレーパンマンしょくぱんまん
        メロンパンナロールパンナジャムおじさんバタコチーズ
        てんどんまんカツドンマンかまめしどんハンバーガーキッド
        マリオネットちゃん、おむすびまんこむすびまん、ミミ先生
        カバお、ネコみ、はみがきまん、ぶたまんまん、どじょうおじさん
        ソフトクリームマン、ウサこ、ピョンきち、クマタ、ブタお、りんごちゃん
        かびるんるん、ピクルス、やかんまん、あかちゃんまん、他


出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
        柳沢三千代 (カレーパンマン)、島本須美 (しょくぱんまん)
        肝付兼太 (ホラーマン)、    かないみか (メロンパンナ)
        冨永みーな (ロールパンナ)、 滝沢ロコ (ミミ先生)
        原えりこ (ピョンきち)、     中村ひろみ (ウサこ)
        坂本千夏 (てんどんまん)、   三ツ矢雄二 (カツドンマン)   

        福島おりね (クマた)、      柏倉つとむ (やかんまん)
        鉄炮塚葉子 (マリオネットちゃん)、飛田展男 (ガラゴン)
        伊藤美紀 (ホッピー)、      吉野公佳 (カボちゃん)

作中使用曲…「かぼちゃんのバラード」


続きを読む
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

ゆうれい船をやっつけろ!! :: 2013/01/15(Tue)

『ゆうれい船をやっつけろ!!』

ゆうれい船をやっつけろ!


♦1995年7月29日放送 <劇場版第7作>

オススメ度 ★★★★★★★★★★


監 督  :矢野博之
助監督 :日巻裕二
脚 本  :翁妙子

絵コンテ:矢野博之、川越淳、篠原俊哉


原 画  :川越淳、菖蒲隆彦、大道博政、山本天志、伊東誠、星野絵美
      スタジオジュニオ、梶原賢二、阿部航、増田清美、梅原隆弘
      高田晴仁、あにまる屋、徳田悦郎、若山佳治、山本勝也
      鍵山亜子、安藤幹彦、伊藤一男、倉川英揚


登場キャラアンパンマンばいきんまんロールパンナメロンパンナ
         マリン、ドクター・ヒヤリ、ドキンちゃんホラーマン
         カレーパンマンしょくぱんまん、ヒヤリのゆうれい
         ジャムおじさんバタコチーズかびるんるん
         カバお、ウサこ、ピョンきち、ミミ先生、SLマン、ベソ他

出演声優…戸田恵子 (アンパンマン)、   中尾隆聖 (ばいきんまん)
        増岡 弘 (ジャムおじさん)、  佐久間レイ (バタコ)
        山寺宏一 (チーズ)、       鶴ひろみ (ドキンちゃん)
        柳沢三千代 (カレーパンマン)、島本須美 (しょくぱんまん)
        肝付兼太 (ホラーマン)、    かないみか (メロンパンナ)
        冨永みーな (ロールパンナ)、 滝沢ロコ (ミミ先生)
        原えりこ (ピョンきち)、      中村ひろみ (ウサこ)
        小島悠理 (ネコみ)、       富山敬 (SLマン)
        千葉繁 (ドクター・ヒヤリ)、   山田栄子 (ベソ)     



バイキンメカ…バイキンゆうれい船、飛行船もぐりん


出演声優…海の白馬マリン、ゆうれい船の歌




あらすじ

海に遊びに来たアンパンマンたち。
海岸で出会った仔馬マリンと仲良くなったメロンパンナは、一緒に仲良く遊んだ。
そんなマリンに興味を持ったドキンちゃんに命じられ、ばいきんまんはマリンを誘拐。
しかしマリンはドキンちゃんに対し反抗的で、一緒にいたロールパンナと仲良くなってしまった。
どうも最近まごころ草の力が強くなっているようだと感じたばいきんまんは、ドクター・ヒヤリに頼んでロールパンナを本物の悪にしようと目論む。
ヒヤリの発明品により、ロールパンナのまごころ草のエキスは抜き取られ、悪の心のみを持つブラックロールパンナが誕生した。

ばいきんまんは幽霊船を作り、ブラックロールパンナを連れて町へ向かった。
幽霊船の襲撃に町は大さわぎ。
また、いつもと様子の違うロールパンナを見て戸惑うメロンパンナ。
ブラックロールパンナはメロンパンナを見ても何も反応せず、カレーパンマンをあっという間に倒してしまった、。
「お姉ちゃん、どうして…?」

ブラックロールパンナはカレーパンマンとしょくぱんまんを倒し、ついにはアンパンマンもやられてしまう。
ブラックロールパンナにメロンパンナの声は届くのか。そして元のロールパンナに戻ることはできるのか!?



備考

劇場版において、普段の街が舞台となったのは今作が初。
そのぶん前6作品にくらべるとわくわく感は少なめかもしれないが、ロールパンナから良い心を奪ってしまうという展開は面白い。

この頃のアンパンマンの映画の中では特に作画や演出等が凝っている印象。
特にアンパンマンVSブラックロールパンナの戦いは迫力満点だ。










にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:6

リリカル☆マジカルまほうの学校 :: 2012/09/11(Tue)

『リリカル☆マジカルまほうの学校』

リリカル☆マジカル魔法の学校


♦1994年7月16日放映 劇場版第6作

オススメ度 ★★★★★★★★★★


監 督  :永丘昭典、矢野博之
助監督 :佐藤 豊
絵コンテ:矢野博之、川越淳
脚 本  :翁妙子

原 画  :暮蒲隆彦、川越淳、伊東 誠、星野絵美、牟田清司
      大道博政、田村一彦、鈴木信一、徳田悦郎、若山佳治、宗崎鴨芳 


登場キャラアンパンマンばいきんまん、リリカ、ドキンちゃん
         ホラーマンカレーパンマンしょくぱんまんメロンパンナ
         ジャムおじさんバタコチーズかびるんるん
         魔女先生、ミミ、メメ、モモ、ぺぺ、ポポ、ピピ
         てんどんまんカツドンマンかまめしどん、SLマン
         ウサこ、カバお、ピョンきち、クマた、ウサお、ブタお
         ミミ先生、キーこ、クータン

出演声優…松本梨香 (リリカ)、増山江威子 (魔女先生)
        冨永みーな (ピピ)、松井菜桜子 (ぺぺ)
        三田ゆう子 (ポポ)、篠原恵美 (ミミ)
        横山智佐 (メメ)、白鳥由里 (モモ)

作中使用曲…ちいさな魔女、悪い魔法の歌



続きを読む
  1. 劇場版本編
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。